動物のリアルを伝えるWebメディア

獣医師賛同の里親募集サイト「anifare」が、獣医師によるブリーダー往診を開始

anifareが獣医師によるブリーダー往診を開始
  • anifareが獣医師によるブリーダー往診を開始

anifare(アニフェア、旧MILLE)は、保護犬・保護猫譲渡事業として展開している、獣医師賛同の里親募集サイト「anifare」にて、提携獣医師が往診するサービスを開始した。なお、往診は同サイトに登録している全国のブリーダーを対象に行われる。

2019年12月2日にサービスをスタートした同サイトは、現在までに2000件を超える動物病院と提携し、保護犬・保護猫の譲渡頭数を増やしている。

同サイトで行っている譲渡では、全国の動物病院で獣医師による健康検査を実施し、必要な治療を施した上で、里親への引き渡しを実施。そのため、多くの病気や疾患の発生を防ぐことができているという。

しかし一方で、保護犬・保護猫は様々な病気を患っているケースがあるため、治療の上、動物病院で引き渡しを行っていたとしても、検査代や治療費など里親の事後負担が大きくなってしまうこともあった。

そのため、同社では、保護活動の現場であるブリーダーの環境改善に取り組むことを重要視し、その意欲があるブリーダーをサポートしようと今回の往診サービスの展開を開始した。

同サービスは、anifare提携獣医師がブリーダーを順次往診し、親犬・親猫を診察した上で、混合ワクチン・狂犬病予防接種やマイクロチップ装着を実施すると共に、必要な投薬を行う。獣医師がブリーダーの元で正しい治療や投薬を続けていくことで、繁殖環境自体の向上を目指し、保護犬・保護猫の健康改善を図ると共に将来的には保護犬・保護猫自体を減らしていきたい、としている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top