動物のリアルを伝えるWebメディア

絶滅危惧種がお出迎え、「あつまれどうぶつの森」に地球環境問題を遊んで学べる水上都市「トレジャーアイランド」が登場!

トレジャーアイランドプロジェクトチーム、地球環境問題を遊んで学べる水上都市「トレジャーアイランド」を「あつまれどうぶつの森」内に建設
  • トレジャーアイランドプロジェクトチーム、地球環境問題を遊んで学べる水上都市「トレジャーアイランド」を「あつまれどうぶつの森」内に建設
  • トレジャーアイランドプロジェクトチーム、地球環境問題を遊んで学べる水上都市「トレジャーアイランド」を「あつまれどうぶつの森」内に建設
  • トレジャーアイランドプロジェクトチーム、地球環境問題を遊んで学べる水上都市「トレジャーアイランド」を「あつまれどうぶつの森」内に建設

トレジャーアイランドプロジェクトチームは、30年以上に渡り自然保護に取り組んでいる国際環境NGOコンサベーション・インターナショナル等の協力の下、環境意識が低いと言われる日本に住む若年層の環境問題への関心を高めることを目的に、「世界動物の日」である10月4日に合わせて、生物の多様性をテーマにした水上都市「トレジャーアイランド」をNintendo Switchソフト「あつまれどうぶつの森」内に建設した。

トレジャーアイランドは、「国連人間居住計画(UN-Habitat)」で取り上げられた、気候変動をはじめとする様々な地球環境の問題を解決する可能性があると言われる「水上都市」をイメージしているという。

島内には、絶滅危惧種をモチーフにしたたくさんの動物たちが暮らしていて、遊びに来るユーザーを出迎える。豊かな自然の中では、釣りや虫取りなどの様々なアクティビティで遊ぶことが出来るが、虫や魚をとりすぎたユーザーには厳しい罰が与えられたりと、随所にゲームを通じて環境問題に触れる仕掛けが施されている。

その他、絶滅種を展示している博物館や、今後失われてしまう食材を学べるレストラン、エネルギーを自家発電で賄うための浄水・発電施設など、環境問題や持続可能性について、楽しく学べる要素が盛り込まれている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top