動物のリアルを伝えるWebメディア

2021年オリンパス/WWFカレンダー「Alaskan Summer/夏のアラスカ-小さないのちの大きな時間」発売…動物写真家の岩合氏撮り下ろし

オリンパス、2021年オリンパス/WWFカレンダー「Alaskan Summer/夏のアラスカ-小さないのちの大きな時間」を製作
  • オリンパス、2021年オリンパス/WWFカレンダー「Alaskan Summer/夏のアラスカ-小さないのちの大きな時間」を製作

オリンパスは、世界的な動物写真家の岩合光昭氏が撮り下ろした写真による、2021年オリンパス/WWFカレンダー「Alaskan Summer/夏のアラスカ-小さないのちの大きな時間」を製作した。なお、販売はWWFジャパンにて行われ、利益はWWFの地球環境保全活動に役立てられる。

同カレンダーは、1986年よりオリンパスが毎年製作してWWFジャパンへ寄贈しており、2021年度版で36年目を迎える。

2021年度版となる今回のカレンダーでは、撮影生活50年を迎える動物写真家・岩合光昭氏が45年ぶりにアラスカを訪れ、「OLYMPUS OM-D」を手に、ブラウンベアをはじめヘラジカ、ラッコ、カナダヅル、ハクトウワシ、パフィンなどの親子が織りなす命の連携を捉えた写真にて製作。

ポリ塩化ビニールやらせん金属を使用しない設計で、全てのページにFSC(森林管理協議会)の認証紙を使用するなど、地球環境保全に配慮して製作されている。また、月ごとに切り捨てる必要のないブックタイプになっているため、使用後には写真集としても利用できる。

同カレンダーはWWFジャパンに寄贈され、通販サイトパンダショップにて1部1400円(税抜)で販売。全ての利益がWWFの地球環境保全活動に役立てられる。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top