動物のリアルを伝えるWebメディア

anifare、保護犬・保護猫のリコンディション機能を備えた次世代型シェルターを開設

anifare、保護犬・保護猫のリコンディション機能を備えた次世代型シェルターを開設
  • anifare、保護犬・保護猫のリコンディション機能を備えた次世代型シェルターを開設
  • anifare、保護犬・保護猫のリコンディション機能を備えた次世代型シェルターを開設

動物病院を基軸にした保護犬・保護猫のプラットフォーム事業「anifare(アニフェア)」を展開しているanifareは、上條圭司獣医師を管理獣医師に迎え、保護犬・保護猫のリコンディション機能を備えた次世代型シェルター「東京リコンディショニングセンター」を開設した。

同社の運営する獣医師賛同の里親募集サイトでは、引渡し時に動物病院にて健康診断と飼育アドバイスを行うことで正確な健康状態を把握し、終生まで保護犬・保護猫と里親が共に幸せに暮らせるようマッチング・譲渡を行っている。

また、同社では、譲渡時の疾患データを蓄積しており、データ分析をした結果、軽度・重度を問わず疾患を持つケースが70%に達し、保護した際の衛生状態に問題があるケースは80%を超えていることがわかったという。

これらの課題を解決するため、動物病院での迎え入れ前に、可能な限りの検査や治療を行う機能を持つシェルターの存在が不可欠であると考え、リコンディション機能を備えた「東京リコンディショニングセンター」を3番目のシェルターとして開設したのだそう。

同シェルターにおいては、上條圭司獣医師とともに、検査と治療の品質向上に取り組んでいくとしており、また、ドッグトレーナーの資格を持つスタッフがしつけトレーニングを行う事で、保護犬・保護猫の社会化を促進していきたいと考えているという。

このシェルターを運営していくことで、直面する課題を解消して1頭でも多くの命を救い、新しい家族を見つけていきたいと考えているとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top