動物のリアルを伝えるWebメディア

「けものフレンズ3」リリース1周年記念、アートワーク9点を保有できるプロジェクトを開催…Anique

Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催
  • Anique、「けものフレンズ3」リリース1周年を記念してアートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを開催

Aniqueは、「けものフレンズ3」のリリース1周年を記念して、アートワーク9点をデジタルでもリアルでも保有できるプロジェクトを9月26日より開催した。売上の一部は、国際的な環境保全団体である世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)に寄付される。

「作品とファンとの間にある永遠のつながりを、特別な儀式をもって証明すること」をミッションにしているAnique。今回のプロジェクトでは、ゲーム「けものフレンズ3」とファンの人たちが歩んできたこの1年半の道程を彩ってきた9点のアートワークを、創り手とファンが「みんなでもつ」ことを通して、1周年までのかけがえのない思い出を永遠のものとすることを目的としているという。

アートワークの保有者になると、スマートフォンやパソコンで楽しめるデジタルアートを購入できる他、リアルな額装絵を別途注文することも可能になるのだそう。

取り扱われるアートワークは、2019年3月に初めて公開されたキービジュアルから、コンセプトデザイナー吉崎観音氏が描いた「リリースお祝いイラスト」、2020年8月に公開されたばかりの「リリース1周年記念ビジュアル」まで、「けものフレンズ3」1周年までの道のりを彩ってきた、合計9点とのこと。

さらに、9月26日から10月11日まで新宿マルイメン8Fにて開催される「けものフレンズ3 SHOP」にて、Aniqueの特別展示も実施。デジタルアートの保有者だけが手にすることができる「リアル額装絵」9点を実際に見ることができる他、初出イラストを含む、100体以上のフレンズの立ち絵イラストパネルの特別展示も行われる。

なお、今回のプロジェクトの売上の一部は、「けものフレンズ」が様々な活動を通して協力している国際的な環境保全団体であるWWFジャパンに寄付するとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top