動物のリアルを伝えるWebメディア

猫「健康・医療」の記事一覧

狂犬病ワクチンについて考える vol.7…「ラベルが違うだけで同じモノ?」 狂犬病ワクチンへの疑念 画像
コラム

狂犬病ワクチンについて考える vol.7…「ラベルが違うだけで同じモノ?」 狂犬病ワクチンへの疑念

これまで、狂犬病ワクチン接種に関するリスクと重要性についてまとめてきました。今回は、北米で言われている興味深い話を1つご紹介します。

狂犬病ワクチンについて考える vol.6…抗体検査に対する否定的意見と微妙な言い回しへの違和感 画像
コラム

狂犬病ワクチンについて考える vol.6…抗体検査に対する否定的意見と微妙な言い回しへの違和感

これまで、狂犬病に関しても抗体検査が有効であるとする専門家の意見をご紹介してきました。一方、狂犬病の場合は抗体検査での陽性結果が病気から守られている状態である保証はないとも言われています。今回は、その考え方について触れます。

狂犬病ワクチンについて考える vol.5…獣医師団体の提言、回数を最低限にすることの重要性 画像
コラム

狂犬病ワクチンについて考える vol.5…獣医師団体の提言、回数を最低限にすることの重要性

前回は、狂犬病ワクチンの接種も抗体検査によって必要か否かを判断すべきとする専門家の意見をご紹介しました。今回は、同様のスタンスをとる獣医師団体の意見をまとめました。

動物病院向けオーラルケア製品「ベッツドクタースペック」シリーズの「オーラルスプレー」、リニューアル発売 画像
ニュース

動物病院向けオーラルケア製品「ベッツドクタースペック」シリーズの「オーラルスプレー」、リニューアル発売

ライオン商事と、DSファーマアニマルヘルスは、ライオン商事が製造・販売する動物病院向けオーラルケア製品「PETKISS ベッツドクタースペック」シリーズの「オーラルスプレー(30ml)」を2月16日にリニューアルし発売した。

無料オンラインセミナー「歯磨きが苦手な猫のための口腔ケア」開催…2月18日19時 画像
ニュース

無料オンラインセミナー「歯磨きが苦手な猫のための口腔ケア」開催…2月18日19時

ペットのサプリメントや歯磨き用品などを販売するトーラスは、2月22日猫の日に先駆け、口腔ケアを行い愛猫の健康維持につながる歯磨きの仕方を学べる「歯磨きが苦手な猫のための歯磨き」無料オンラインセミナーを開講する。

狂犬病ワクチンについて考える vol.4…エビデンスに基づいた判断の重要性を主張する専門家 画像
コラム

狂犬病ワクチンについて考える vol.4…エビデンスに基づいた判断の重要性を主張する専門家

狂犬病ワクチンについて考えるシリーズの第4回。今回は、アメリカで狂犬病ワクチンの定期接種にエビデンスを提示しながら警鐘を鳴らす獣医師の主張をご紹介します。

猫も認知症になる? 症状と対策は 画像
コラム

猫も認知症になる? 症状と対策は

人間やワンちゃん程広く認知されていませんが10歳を超えた猫ちゃん達は少しずつ認知力が落ちてくると言われています。そこで今回は、具体的な症状や対策についてご紹介します

狂犬病ワクチンについて考える vol.3…北米では地域によって法規制がバラバラ 画像
コラム

狂犬病ワクチンについて考える vol.3…北米では地域によって法規制がバラバラ

犬への狂犬病ワクチン接種について考える特集の第3回。今回は、北米の2ヵ国(アメリカ合衆国とカナダ)の状況について紹介します。

【獣医療の最前線】飼い主がペットと向き合う上でのアドバイスは?…獣医動物行動学編[インタビュー]vol.3 画像
コラム

【獣医療の最前線】飼い主がペットと向き合う上でのアドバイスは?…獣医動物行動学編[インタビュー]vol.3

これまでペットの「問題行動」について、2回にわたって東京大学・獣医動物行動学研究室の竹内ゆかり教授にお話をうかがいました。最後に、一般の飼い主さんが知っておくと役に立ちそうなポイントについて、アドバイスをいただきました。

マタタビが猫の“脳内麻薬”分泌を促進、蚊を遠ざけて感染症予防効果も…岩手大学が発表 画像
ニュース

マタタビが猫の“脳内麻薬”分泌を促進、蚊を遠ざけて感染症予防効果も…岩手大学が発表

猫がマタタビの葉を体に擦り付けながら転がる「マタタビ反応」が、虫よけの目的であることが示されたと岩手大学が発表した。科学雑誌「サイエンス・アドバンシス」誌の電子版に1月20日付けで掲載された論文を解説する。

【獣医療の最前線】受診する飼い主の悩みは攻撃行動や常同障害、トイレ問題など…獣医動物行動学編[インタビュー]vol.2 画像
コラム

【獣医療の最前線】受診する飼い主の悩みは攻撃行動や常同障害、トイレ問題など…獣医動物行動学編[インタビュー]vol.2

「問題行動」を獣医療の観点から診断・治療する「獣医動物行動学」。今回は、東京大学附属動物医療センターの行動診療科で武内ゆかり教授が診察してきた症例についてうかがいました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 8
page top