動物のリアルを伝えるWebメディア

動物「福祉・教育」の記事一覧

【命の商品化を考える vol.6】具体的な飼育管理基準案について…日常動作が可能なケージと閉じ込め飼育の防止 画像
福祉・教育

【命の商品化を考える vol.6】具体的な飼育管理基準案について…日常動作が可能なケージと閉じ込め飼育の防止

7月10日に開催された第6回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」において、環境省が最初に提案した「飼養管理基準」案は、特に繁殖業者における犬・猫の飼育スペースに関するものであった。

【命の商品化を考える vol.5】具体的な飼育管理基準案について…目的は悪質な事業者の排除 画像
福祉・教育

【命の商品化を考える vol.5】具体的な飼育管理基準案について…目的は悪質な事業者の排除

7月10日に報じたように、第6回「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」を環境省が開催した。概要に関しては既に速報でお知らせしたが、REANIMALでは環境省・自然環境局と委員との間で交わされた議論の一部もあわせ、数回にわたって詳細を紹介する。

【命の商品化を考える vol.4】速報:具体的な飼育管理基準案を環境省が発表…動物福祉の向上につながるか? 画像
ニュース

【命の商品化を考える vol.4】速報:具体的な飼育管理基準案を環境省が発表…動物福祉の向上につながるか?

本日(7月10日)、「動物の適正な飼養管理方法等に関する検討会」が開催され、改正動物愛護法の「飼養管理基準」の具体案が環境省から示された。

【命の商品化を考える vol.3】改正愛護法の飼育管理基準に関する議論…皆が幸せな環境づくりに期待 画像
福祉・教育

【命の商品化を考える vol.3】改正愛護法の飼育管理基準に関する議論…皆が幸せな環境づくりに期待

前回に続き、来年6月から第一種動物取扱業者に遵守義務が生じる飼養管理基準について紹介する。今回は、特に話題になっているケージサイズと今後の流れについて。

ヨーロッパの動物愛護事情 vol. 2…オランダの動物福祉、短頭犬種の健康を守る法律とは 画像
コラム

ヨーロッパの動物愛護事情 vol. 2…オランダの動物福祉、短頭犬種の健康を守る法律とは

前回、オランダ政府が動物福祉の観点から、短頭犬種(「鼻ぺちゃ」犬)20種においてマズルの短かすぎる個体を繁殖に使うことを法律で禁じたと紹介した。今回は、その背景と法律の概要をまとめた。

イギリスの動物愛護事情 vol.4…健全な繁殖と健康な子犬のための取り組み 画像
福祉・教育

イギリスの動物愛護事情 vol.4…健全な繁殖と健康な子犬のための取り組み

劣悪な環境で繁殖を繰り返す「パピー・ファーム」撲滅に向け、官民一体となって製作されたイギリスの「子犬契約書」を前回ご紹介した。今回は、その中に記載された情報の中から、日本でも参考になりそうな情報をまとめた。

ヨーロッパの動物愛護事情 vol.1…オランダで鼻の低すぎる犬の繁殖を禁止する法律が施行 画像
ニュース

ヨーロッパの動物愛護事情 vol.1…オランダで鼻の低すぎる犬の繁殖を禁止する法律が施行

パグやブルドッグ、フレンチ・ブルドッグなどの短頭犬種に関して、オランダ政府が画期的な判断を下した。動物福祉の観点からマズルの短すぎる個体を繁殖に使う事を法律で禁止したのだ。

【命の商品化を考える vol. 2】改正愛護法の飼育管理基準に関する議論…動物福祉と事業者 画像
福祉・教育

【命の商品化を考える vol. 2】改正愛護法の飼育管理基準に関する議論…動物福祉と事業者

動物愛護法が昨年6月に成立・公布され、殺傷・虐待・遺棄を厳罰化する条項が今年の6月1日に施行された。来年には、第一種動物取扱業者に「飼養管理基準」の遵守義務が課せられる。現在、この管理基準が環境省で作成されている。

イギリスの動物愛護事情 vol.3…幸せのための「子犬契約書」 画像
福祉・教育

イギリスの動物愛護事情 vol.3…幸せのための「子犬契約書」

「動物の愛護及び管理に関する法律」(通称:動物愛護法)が昨年改正され、今月、殺傷への罰則強化や虐待に関する獣医師の通報義務化など、その一部が施行された。

【愛犬からの贈り物 vol.3】平蔵が教えてくれたこと…同じような子犬が少しでも減るように 画像
コラム

【愛犬からの贈り物 vol.3】平蔵が教えてくれたこと…同じような子犬が少しでも減るように

犬や猫を中心に、動物の生体販売や殺処分を禁止にすべきという声が社会的に高まり、「動物の愛護及び管理に関する法律(通称、動物愛護法)」も動物福祉の向上をめざして改正されています。

イギリスの動物愛護事情 vol.2…不幸な動物たちを減らすための活動と日本が学ぶべきこと 画像
福祉・教育

イギリスの動物愛護事情 vol.2…不幸な動物たちを減らすための活動と日本が学ぶべきこと

前回紹介したように、イギリスでは4月に悪質なペット繁殖・販売業者撲滅のための「ルーシー法」が施行された。その一方で、違法に動物を売る業者の手口もより巧妙になる懸念が指摘されている。今回は、そうした状況を防止するために行われている活動を紹介する。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top