動物のリアルを伝えるWebメディア

WWFジャパン、創立50周年を迎えるにあたり特設サイトを公開

世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は、今年9月22日に創立50周年を迎えるにあたり、特設サイトを公開した。

動物 ニュース
世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は、今年9月22日に創立50周年を迎えるにあたり、特設サイトを公開した。

WWFは、60年前の1961年4月29日、モルジュというスイスの小さな町に、少人数のナチュラリストのグループが集まり「モルジュ宣言」を発表したのが始まり。この宣言は、当時、アフリカをはじめ各地で起こっていた、野生生物の密猟や生息地破壊などへの懸念とその解決への熱意の表明だった。その10年後の1971年9月22日に、日本にてWWFジャパンが発足し、今年で50周年を迎える。

WWFジャパンは、50周年を記念して、4月29日に特設サイトを公開。特設サイトでは、WWFジャパンを代表して会長の末吉竹二郎氏の挨拶とともに、50年の活動成果を振り返っている。アニバーサリーイヤーとしては2022年9月末までが予定されており、今後、月に1度のペースで、コンテンツを追加していくという。

今も深刻化が続く環境問題。しかし、この危機に対し、国際社会は気候危機を止める「パリ協定」と、生物多様性を守る「2030年目標」を掲げ、地球の未来を守りぬく勝負の10年を迎えようとしている。今年設立から50年を迎えるWWFジャパンも、人と自然が共存できる未来を目指し、この新たな10年の活動に取り組んでいくとしている。
《鈴木まゆこ》

編集部おすすめの記事

特集

page top