動物のリアルを伝えるWebメディア

横尾忠則氏の画集「タマ、帰っておいで」、重版決定…講談社

講談社、「タマ、帰っておいで」重版決定
  • 講談社、「タマ、帰っておいで」重版決定
  • 講談社、「タマ、帰っておいで」重版決定
  • 講談社、「タマ、帰っておいで」重版決定
  • 講談社、「タマ、帰っておいで」重版決定
  • 講談社、「タマ、帰っておいで」重版決定

講談社は、4月1日に発売した、美術家の横尾忠則氏最新画集「タマ、帰っておいで」の重版を決定した。発売2週間での重版は、画集というジャンルとしては異例の速さだ。

同書は、6年前の5月に亡くなった著者の愛猫「タマ」の絵91点だけで構成されており、著者によると、アートではなく、タマへの「レクイエム」として描いたものだという。この魅力を多くの著名人が様々なメディアで発信。さらにペットサイトや犬猫投稿SNSなどでも配信され、「猫好き」層から熱い支持を受けた。現在、ネット書店で品切れが続いており、発売2週間での重版が決定した。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top