動物のリアルを伝えるWebメディア

ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売

ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • ダッドウェイ、おうち時間のお供に「アニマルビッグパズル」を発売
  • 「家族で過ごすおうち時間」に関するアンケート

ベビー用品・玩具の輸入販売、企画開発を行うダッドウェイは、アメリカのパズルブランド「Madd Capp Puzzles(マッドキャップパズル)」の「アニマルビッグパズル」を9月8日より販売している。

ダッドウェイは、「家族で過ごすおうち時間」というテーマでアンケートを実施。テレビやYouTubeの視聴、テレビゲームの他にも、パズルやボードゲーム等も人気となっており、おうち時間の遊びの決め手として、3割以上の家族が「子どもの発達に繋がる」ことを重視していることがわかったという。

「アニマルビッグパズル」は、完成形が最大で102cmにもなる迫力満点の大きさで、四角いフレームに収まらないリアルな形となっている。また、パズルを完成させる過程でリアルな模様や体の特徴の観察が必要となるため、生体の勉強に繋げることも可能で、「子どもの発達に繋がる」というニーズに応えられ、家族のおうち遊びを豊かにするアイテムだとしている。

■アンケート概要
・対象者:InstagramのDADWAYアカウントのストーリーズを閲覧・回答した455人(最大数)
・期間:2020年9月16日~30日
・形式:2~4つの選択肢より選択、自由回答

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top