動物のリアルを伝えるWebメディア

ジャイアントパンダの双子の赤ちゃん、保育器から卒業…名前は10月以降に決定 上野動物園

動物 ニュース
ジャイアントパンダの双子(奥:#1 オス、手前:#2 メス、共に68日齢)
  • ジャイアントパンダの双子(奥:#1 オス、手前:#2 メス、共に68日齢)
  • ジャイアントパンダの子ども(#2 メス、68日齢)
  • ジャイアントパンダの子ども(#1オス、68日齢)
  • シンシンと子ども(#1 オス、68日齢)
  • ジャイアントパンダの双子(61日齢の子どもたち(左:#1 オス 右:#2 メス、61日齢)
上野動物園(東京都台東区)は、ジャイアントパンダの双子の名前応募に19万を超える応募があったと発表した。

名前は8月7日から20日までの14日間募集され、応募総数19万2712件(WEB18万8720件、応募箱 3992件)となった。この中から、ジャイアントパンダ名前候補選考委員会での検討などを経て、東京都が名前を決定する。名前候補選考委員会は9月29日14時頃に非公開で開催され、10月中旬以降に正式発表するとしている。

6月23日に生まれた子ども2頭は良好な健康状態で、体重も順調に増加。8月27日には、子どもが大きくなってきたため、保育器から外に出し、同じ保育室内に設置されたサークルの中での管理に切り替えた。2頭とも眼は開いているが、物を識別するほど見えているかは明確ではないという。

シンシンが1頭の世話をしている間、もう1頭は保育室内で飼育管理しており、8月31日の9時台に、子どもの入替えを実施。現在はメスの子がシンシンと一緒に過ごしており、オスの子が保育室にいるのだそう。母親に抱かれている子は母乳を飲み、保育室内の子は人工乳で哺育しているという。入替え間隔は母子の状態を見ながら10~15日ほどを目安としている。

同園は、引き続き、シンシンと子どもの健康状態や行動について24時間体制での観察を続け、必要に応じて子どもの身体検査や測定を行っていくという(実施時期は不定期)。なお、シンシンが子育てに専念できるよう、6月23日から西園「パンダのもり」を展示中止にしており、これに伴い、しばらくの間はオスの「リーリー」も観ることができない(「シャンシャン」は東園パンダ舎にて展示中)。同園は、「ご来園のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、あたたかく見守っていただけますと幸いです」とコメントしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top