動物のリアルを伝えるWebメディア

『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』刊行…やついいちろう初の愛犬エッセイ

エンタメ/カルチャー カルチャー
『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』
  • 『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』
  • 『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』
  • 『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』
  • 『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』
  • 『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』目次
  • 第1章<春> 「出会い」
  • 第1章<春> 「命を迎える」
  • 第2章<秋> 「秋風」

カンゼンは、新刊書籍『うちの犬がおじいちゃんになっちゃった 愛犬こぶし日記』を、全国書店、オンライン書店で発売した。

同書は、39歳まで生き物をカブトムシくらいしか飼ったことがなかったのに、いきなり哺乳類の犬を飼い始めた人間の話。ペットの終活に向き合いはじめたエレキコミックやついいちろう。愛犬との日々をつづった温かくてちょっと切ないエッセイだ。

以下、やつい氏のコメントを紹介する。

「この本は39歳まで生き物をカブトムシくらいしか飼ったことがなかったのに、いきなり哺乳類の犬を飼い始めた人間のお話です。こぶしという名前のパグです。2011年12月27日、こぶしが僕のところにやってきてから生活は一変しました。今やこぶしと暮らして10年になりました。あんなに小さい仔犬だったこぶしも、体重10キロのおじいちゃんに。気付いたら僕の年齢も追い越されていました。『あーこぶしがおじいちゃんになっちゃった』こういう本ってだいたい愛犬を亡くしたシーンが最後になると思うんですけど、こぶしは今もとても元気です。でもお互いしっかり歳を取りました。その中でゆっくりではあるけど、淡々とした着実な変化があります。そんな僕とこぶしの日々の記録です」


※上記リンクより商品を購入すると、売上の一部がREANIMALに還元されることがあります。

《山本真美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top