動物のリアルを伝えるWebメディア

「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表、トップ3は犬キャラクターが独占

「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表
  • 「2020年サンリオキャラクター大賞」中間結果発表

サンリオは、4月10日から開催している「2020年サンリオキャラクター大賞」の、中間発表を行い、上位10位までを発表した。なお、最終順位の発表は6月9日午前11時を予定している。

開催から約1ヶ月が経った現在のトップ3は、1位「シナモロール」2位「ポムポムプリン」3位「ポチャッコ」と犬のキャラクターが上位を占めている。さらに、昨年8位の「YOSHIKITTY」が5位にランクインし、昨年1位の「ハローキティ」が7位と波乱の展開。しかし、各キャラクターの得票数は大差がついていないという。

現在上位キャラクターたちは、公式Twitter(@sanrio_ranking)にて画像と共にメッセージを投稿。「シナモロール」はYouTubeでMVを公開。さらに、毎週木曜日24時から放送しているTBSラジオ「ハライチのターン!」では、「サンリオキャラクター大賞」のコーナーを設け、注目のサンリオキャラクターを発表したり、推しキャラクターを1位にする作戦を練っている。他にも様々なコンテンツが公開されており、後半戦で他のキャラクターが巻き返す可能性も高く、最後まで結果が読めない展開となっている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top