動物のリアルを伝えるWebメディア

マテル・インターナショナル、天然木を使用した玩具「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売

マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売
  • マテル・インターナショナル、「感覚を育てよう!」シリーズから2商品を発売

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナルは、今年90周年を迎えたブランド、フィッシャープライスから、五感や手指の発達をサポートする「感覚を育てよう!コロコロおとそうミツバチ」と「感覚を育てよう!ボタンでアクション ぴょっこりどうぶつ」を7月下旬より発売すると発表した。

「感覚を育てよう!コロコロおとそうミツバチ」は、子供の好奇心を刺激して、楽しく五感を発達させたり、手指の能力を上げることができる商品。上から入れたコインは左右どちらかに落ち、ハチの巣の中をコロコロと転がる。コインが左側を通ると鈴がなる仕掛けになっており、手と目の連動、好奇心と発見する力や手指の器用さを育むことができる。

「感覚を育てよう!ボタンでアクション ぴょっこりどうぶつ」は、きのこや葉っぱなどのボタンを押したり、回したりすることで動物が現れる。動物が現れる時には鈴の音や、ねずみの鳴き声がする仕掛けで、手指の発達や因果関係の理解に役立つ商品となっている。

なお、今回の商品は、物を掴む力が付き始める9ヶ月頃からの子供に最適な商品だとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top