動物のリアルを伝えるWebメディア

誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行…8月24日

誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行
  • 誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行
  • 誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行
  • 誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行
  • 誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行
  • 誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行
  • 誠文堂新光社、「日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑」を刊行

誠文堂新光社は、8月24日に『日本の爬虫類・両生類 野外観察図鑑』を刊行する。

同書は、日本に生息する爬虫類・両生類の野生下での自然な姿、表情をダイナミックかつ美しい写真で堪能することができる一冊。

爬虫類・両生類の観察を目的としたフィールドワークのために、春夏秋冬の季節でカテゴライズされ、出現場所、時期、時間、飼育できる種類について、法律の遵守を前提に採集の手段と飼育方法を数多くの生息地のリアルな写真で伝えている。さらに、近年のフィールドワーカーに人気の野生の爬虫類・両生類の撮影法も解説。

爬虫類・両生類が暮らす崖の岩、浅瀬の石ころ、生い茂る樹木、田んぼの中、川や滝などを知ることで、そこに生息する生物の生活史が見えてくる。また、捨てられたタイヤや土管などの、人為的な物の側に潜んでいる状況は、その個体が置かれているリアルな状況をも理解することができ、爬虫類・両生類から環境問題に接することが可能だ。

同書にあえて採種、飼育まで掲載した理由は、野生生物の飼育からあらゆることが学べるからだとし、連れて帰って手元でじっくりと観察することで、フィールド観察のみでは得られないような知見を得ることができる。

また、同書は採取後の飼育ガイドブックとしても参考になる一冊だとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top