動物のリアルを伝えるWebメディア

好きな香り、嫌いな香りは? 猫の嗅覚のこと

猫(イメージ)
  • 猫(イメージ)
  • 猫(イメージ)
  • 猫(イメージ)
  • 猫(イメージ)

猫ちゃんが強い臭いがするものを嗅いだ時、引きつったようななんとも言えない表情を見せるフレーメン反応。見かけたことがある飼い主さんは多いのではないでしょうか? 猫ちゃん達はどのような香りに反応し、どのような香りを嫌うのでしょうか? ワンちゃん達の嗅覚が鋭いことはよく知られていますが、猫ちゃんの嗅覚についてはあまり知られていませんよね。そこで今回は猫ちゃん達の嗅覚について掘り下げてみようと思います!

猫ちゃんの嗅覚は人間よりはるかに鋭い

猫の嗅覚は人間に比べ約数万倍~数十万倍鋭いと言われています。と、言っても人間より強く臭いを感じているわけではありません。あくまで人間が感じ取っている香りが薄くても、離れていてもその優れた嗅覚で察知できるという意味合いです。本来肉食動物の猫達は食事が腐敗していないか、食べても大丈夫そうか、その嗅覚で判断してきました。食事は味覚より嗅覚が重要と言っても過言ではありません。そのため鼻腔疾患などで嗅覚が落ちると、同時に食欲も落ちてしまう子がほとんどです。

こんな香りが大好き

猫の好きな匂い、と聞くと真っ先に「マタタビ」が浮かぶ方が多いかもしれませんね。猫のフェロモンを感知する器官、そこが反応するマタタビの木は間違いなく好む香りです。ただし、与えすぎはショック症状を引き起こすこともあるので注意しましょう。その他、お魚やお肉の香り、そして意外なことに靴や靴下の臭いも大好きです。諸説ありますが、人間の加齢臭や汗の臭いが猫のフェロモン臭に近いのだとか…。愛猫が靴にお顔を突っ込んでいたらいい匂い…と思っているのかもしれませんね!

こんな香りは苦手

猫は柑橘系の香りが苦手とされています。その習性を利用し、立ち入ってほしくない場所やイタズラされたくないものには柑橘系のスプレーやみかん、オレンジの皮を置くなどすると有効です。また、人工的な刺激臭は基本的に好みません。合成洗剤や香水、アロマオイルなどはできるだけ避けた生活環境を整えてあげましょう。特に、アロマオイルの中には中毒を引き起こすものもあるため注意が必要です。

こんなお鼻トラブルには要注意!

猫に多い鼻のトラブルは鼻水や鼻血、くしゃみなどがあげられます。どの症状も鼻炎や猫風邪、アレルギー、鼻腔狭窄などが考えられます。また重篤なものになると鼻腔に癌細胞が発現しているようなケースもあります。このような症状が出たときはあまり様子を見ず、速やかに動物病院にかかりましょう。

あまり脚光を浴びない猫ちゃんの嗅覚ですが、その鋭さは間違いなく様々な香りを感じ取っています。また香りの好みには個体差も大きく一般的に苦手とされている香りでも中にはすり寄っていく子も…。愛猫の好みを把握し、快適な香りの生活環境を整えてあげましょう。

《吉田つぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top