動物のリアルを伝えるWebメディア

コラム

【ズボラ女子とわがままウサギ vol.13】ペットの命を左右する、飼い主の判断の重大さ 画像
動物

【ズボラ女子とわがままウサギ vol.13】ペットの命を左右する、飼い主の判断の重大さ

私と「けまり」、両方のストレスが極限状態であったこともあり、自宅での点滴を諦めた私は、毎日朝一番に近所の動物病院で点滴をしてもらい、週に1度メインで見てもらっている少し遠い病院へ通うという日々を、2か月ほど続けることになりました。

イギリスの動物愛護事情 vol.10…王立動物虐待防止協会の提言、 野生動物保護のために包括的な法整備を 画像
動物

イギリスの動物愛護事情 vol.10…王立動物虐待防止協会の提言、 野生動物保護のために包括的な法整備を

王立動物虐待防止協会が発行した「どんな動物も置き去りにしない」と題したレポートについて、2回にわたりペットと畜産動物に関する提案について紹介した。最後に、野生動物に関連する主なものを紹介する。

いつでも新鮮な水を…100円ショップのグッズで水飲み場づくり【ねこDIY】 画像

いつでも新鮮な水を…100円ショップのグッズで水飲み場づくり【ねこDIY】

今回の「ねこDIY」は、水飲み場のちょっとした工夫だ。材料(給水器以外)はすべて100円ショップで揃う。

絵本から抜け出したような小さいスナネコ…那須どうぶつ王国 画像
動物

絵本から抜け出したような小さいスナネコ…那須どうぶつ王国

那須どうぶつ王国には珍しい動物、コアなファンが多い動物が揃っている。ハシビロコウ、マヌルネコ、アルパカ、アメリカビーバー、ユーラシアカワウソ、ホッキョクオオカミ…そしてスナネコだ。

競走馬の引退後、その命を支える活動 vol. 5 …多くの人に知ってもらい、新たな活躍の場を[インタビュー] 画像
動物

競走馬の引退後、その命を支える活動 vol. 5 …多くの人に知ってもらい、新たな活躍の場を[インタビュー]

前回は、引退馬の再調教と適切な譲渡先を見つけることの難しさについて紹介した。今回は、引退馬協会が目指す将来について沼田恭子代表理事に聞いた。

イギリスの動物愛護事情 vol.9 … 王立動物虐待防止協会の提言、畜産動物の福祉向上には世界的な視点も 画像
動物

イギリスの動物愛護事情 vol.9 … 王立動物虐待防止協会の提言、畜産動物の福祉向上には世界的な視点も

イギリス政府が発表した「動物福祉のための行動計画」に合わせ、王立動物虐待防止協会も提言を行ったことを前回紹介した。包括的にまとめられたレポートでは、ペットだけでなく野生動物や家畜の福祉についても触れられている。今回は畜産動物に関する主なものを紹介する。

犬のひげは切ってもOK? その役割や注意したいこと 画像

犬のひげは切ってもOK? その役割や注意したいこと

トリミングサロンに愛犬を連れていくと、おひげカットをどうするか聞かれる方も多いのではないでしょうか? ひげカットがNGな猫ちゃんに対し、ワンちゃん達のカットはごく当たり前のように行われていますよね。

【保護猫ふくちゃんとの生活 vol.15】子供と初めての接触…警戒するも最後は仲直り? 画像

【保護猫ふくちゃんとの生活 vol.15】子供と初めての接触…警戒するも最後は仲直り?

保護猫ふくちゃんと妻と一緒に、仲良く暮らしている筆者。本連載では保護猫を迎えるまでの経緯、迎えてからのエピソードなど、実体験を綴っていきます。

競走馬の引退後、その命を支える活動 vol.4 …「いらない」と言われる引退馬に道を見つける難しさ[インタビュー]  画像
動物

競走馬の引退後、その命を支える活動 vol.4 …「いらない」と言われる引退馬に道を見つける難しさ[インタビュー] 

前回は、引退馬協会設立の経緯と、そこに至るまでの沼田恭子代表理事の思いを紹介した。インタビュー第2回目の今回は、引退馬支援の難しさについて聞いた。

イギリスの動物愛護事情 vol.8…王立動物虐待防止協会が動物福祉の向上へ40の提言、「どんな動物も置き去りにしない」 画像
動物

イギリスの動物愛護事情 vol.8…王立動物虐待防止協会が動物福祉の向上へ40の提言、「どんな動物も置き去りにしない」

先日紹介したように、イギリス政府が『動物福祉のための行動計画』を発表した。それに合わせ、王立動物虐待防止協会も動物の保護と福祉の向上に向けた提言を行った。その中から、今回は愛玩動物に関連するものを取り上げる。

ヨーロッパの動物愛護事情 vol.3 … ベルギーでスコティッシュフォールドの繁殖と販売が禁止へ 画像

ヨーロッパの動物愛護事情 vol.3 … ベルギーでスコティッシュフォールドの繁殖と販売が禁止へ

2021年10月1日より、ベルギーのフランドル地方ではスコティッシュフォールドなどの折れ耳の猫の繁殖と販売が禁止されることが当局から発表された。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 23
page top