動物のリアルを伝えるWebメディア

フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売

フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売
  • フェリシモ、「猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」を発売

フェリシモが展開する「フェリシモ猫部」は、「日本画家 久保智昭さんとつくった 猫とめぐる里山の四季カレンダー 2021」のWEB販売を9月17日より開始した。

今回発売されたカレンダーは、フェリシモ猫部ブログで、漫画「猫色スケッチブック」を連載中の、日本画家久保智昭氏が描く「日本の里山と猫」がテーマの2021年壁掛けカレンダー。

表紙には、12ヶ月で猫たちがめぐる湖畔の舞台を一望できるイラストが掲載され、カレンダーをめくると、豊かな四季の風景とともに猫たちが描かれている。お花見をしたり、草むらで黄昏れたりと、猫たちと一緒に旅をしているような気分が味わえる心温まる作品となっているとのこと。

また、余白部分では、電車ごっこをする3匹の猫のストーリーが12ヶ月を通して展開される。さらに、日付部分にレイアウトされたイラストは、久保氏発案の「絵しりとり」になっており、どんなワードがイラストになっているのか、考えながら眺めるのも楽しいカレンダーになっているのだそう。

なお、販売価格の一部は飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動、災害時の動物保護活動などに活用するとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top