動物のリアルを伝えるWebメディア

シマエナガ・エゾクロテン・エゾモモンガなど、2022年「動物」カレンダー6点発売…翔泳社

エンタメ/カルチャー カルチャー
翔泳社、2022年「動物」カレンダー6点発売
  • 翔泳社、2022年「動物」カレンダー6点発売
翔泳社は、9月9日に2022年「動物」カレンダー6点を発売した。

2021年版でも好評だったシマエナガカレンダーの2022年版「もふもふふわふわシマエナガ カレンダー 2022」。北海道に生息する「シマエナガ」は、その愛らしい容姿から「雪ダルマ」「雪の妖精」「白い恋人」などと呼ばれファンを魅了している。今年も北海道在住のカメラマン吉永勝啓氏が新たに撮影したシマエナガの「もふもふふわふわ」な姿を楽しめる。

愛らしい北の動物、エゾクロテンがカレンダーとして新登場。北海道の固有種であるエゾクロテンは、チャーミングな顔つきに白くなめらかな毛並み、白い雪の中を走る姿が魅力。「もふもふふわふわエゾクロテン カレンダー 2022」は、北海道在住の久保隆史氏が大自然の中で撮影した。付録として、野生のエゾクロテンの生態を学べるミニ図鑑も掲載されている。

「まるっともふっとかわいいエゾモモンガ カレンダー 2022」は、エゾモモンガのまるまる、もふもふした姿に癒やされるカレンダー。北海道の森に生息するエゾモモンガは、手のひらサイズのまるっとした姿、大きな真っ黒い目が特徴で、小さな手足と口でトドマツの葉を食べたり、木から木へ滑空したりする様子が愛らしい。交通系ICカードのキャラクターになるなど、北海道で大人気。SNSで写真が発信され、日本全国、世界でも人気が急上昇している。

北海道の大自然に生きるキタキツネを写した「ふわっともふっと子ぎつね カレンダー 2022」。愛くるしい子ぎつねのふわふわ、もふもふの毛並み、お母さんきつねに甘えたり、兄弟とじゃれたり、自然の中で元気に暮らす様子をおさめたカレンダー。

ふわふわもこもこな動物が大集合した「ふわもこ365日 いやしの動物日めくりカレンダー 2022」も発売した。人気のシマエナガをはじめ、リスやシロクマ、ペンギンにキツネと、自然風景の中のふわふわキュートな動物写真が集まっている。デスクや棚に飾りやすい、横置きタイプのカレンダーだ。

人気イラストレーターtama氏が描く、グータラでシュールな絵描きのキツネがカレンダーになった「毎日よりみち キツネ日めくりカレンダー 2022」は、キツネの日常イラストを365日分集めた日めくりカレンダー。締め切り直前にだらけたり、ネタが降りてこなくて現実逃避したりと、つい笑って共感してしまうイラストがたくさん掲載されている。

なお、同社では、カレンダーを飾った写真をInstagramに投稿するアンバサダーも、9月20日まで募集している。アンバサダーに選ばれた人には2022年のカレンダーをプレゼント。応募および詳細は、Instagramの「暮らしを楽しむ本_翔泳社(@kurashi_hon)」から。
《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top