動物のリアルを伝えるWebメディア

フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売

ニュース
フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
  • フェリシモ、「猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」を発売
フェリシモが展開する「フェリシモ猫部」は、「日本画家 久保智昭さんとつくった 猫と歩く懐かしの旅路カレンダー2022」のWEB販売を9月17日より開始した。

同カレンダーは、猫部ブログのイラスト連載も手掛ける日本画家久保智昭氏が描く「旅する猫」がテーマだ。表紙は、猫たちと旅にまつわるアイテムが描かれカラフルでにぎやかなデザイン。各月のメインイラストは、どこか懐かしい日本の観光地や雄大な自然を楽しめる迫力の作品の数々で、毎月めくる度に、猫たちと一緒に旅に行った気分を味わえるという。

日付スペースに散りばめられた、47都道府県の名産品や名所をテーマにした猫たちのイラストもポイント。余白の部分にも、猫が温泉に行く1コマ漫画が、12ヶ月繋がるストーリー仕立てのイラストになって描かれている。

カレンダー使用後は、ポストカードとして再利用できる仕様。裏面に切り取り用ガイドラインが付いているため、簡単にポストカードが完成する。カレンダーとしては少し厚手の紙が使用されているため、カレンダーとして楽しんだ後は、手紙やディスプレイとして活用できる。猫友に贈ったり、部屋に飾ったりと、カレンダー以外の楽しみ方も広がるアイテムとなっている。

なお、販売価格の一部は、飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動、災害時の動物保護活動などに活用される。
《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top