動物のリアルを伝えるWebメディア

主婦の友社、動物と夜をテーマにした「夜のいきもの図鑑」を発売

主婦の友社 「夜のいきもの図鑑」
  • 主婦の友社 「夜のいきもの図鑑」
  • 主婦の友社 「夜のいきもの図鑑」
  • 主婦の友社 「夜のいきもの図鑑」

主婦の友社は、3月11日に「夜のいきもの図鑑」を発売した。

同書は、意外と知られていない夜中の動物たちの姿をイラストと共にまとめた子供向けの図鑑となっており、夜行性動物の生態や、動物の寝相、生き物の睡眠時間ランキングなどが掲載されている。また、低学年の子供でも読めるよう漢字にはすべてルビが振ってある。

夜行性動物のコウモリには、血を吸う「チスイコウモリ」という種類がおり、夜中に牛や馬の体に付き、血を吸う。しかし、血を吸った後は体が重くなって飛べず、這って逃げるのだそう。また、カピバラも夜行性の動物で、夜に牧場に入り、牧草を盗み食いする。足は自動車並みに早く、時速50Kmで走れるのだという。

睡眠時間は、生き物によって全く異なり、1日18~20時間眠るコアラや、逆に短時間睡眠で1日2時間程度のキリンなど様々。睡眠時間の事情や寝方、寝ぼける動物や、目を開けたまま眠る生き物、暗闇に潜む生き物など多くの情報が記載されている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top