動物のリアルを伝えるWebメディア

NHK出版、絵本「ぼくのしましまテッド」を刊行

絵本「ぼくのしましまテッド」
  • 絵本「ぼくのしましまテッド」
  • 絵本「ぼくのしましまテッド」
  • 絵本「ぼくのしましまテッド」
  • 絵本「ぼくのしましまテッド」

イギリスの物語作家テリーサ・ヒーピーと、絵本作家ケイティ・クレミンソン作の絵本「LOVED TO BITS」が、金原瑞人氏翻訳により邦題「ぼくのしましまテッド」として、NHK出版から刊行された。

絵本の原題「LOVED TO BITS」は、“(どんなにボロボロになっても)だいすき”という表現。同書は、原題の通りどんなにボロボロになっても一緒に過ごす少年と、全身しましま模様のテディベア「テッド」の物語だ。

少年が幼い頃から、喜びも悲しみも全て分かち合ってきた特別な存在テッド。「かわいそうだから元どおりにしてあげよう」というママの提案に対し、「いまのテッドのほうが好きだから」と断る少年。そんなテッドと少年の友情が描かれた絵本となっている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top