動物のリアルを伝えるWebメディア

大和書房、「世界初の魚の顔図鑑 うおづら」を刊行

大和書房、「世界初の魚の顔図鑑 うおづら」を刊行
  • 大和書房、「世界初の魚の顔図鑑 うおづら」を刊行
  • 大和書房、「世界初の魚の顔図鑑 うおづら」を刊行
  • 大和書房、「世界初の魚の顔図鑑 うおづら」を刊行

大和書房は、水生生物写真家の森岡篤氏著『世界初の魚の顔図鑑 うおづら』を8月21日に刊行した。

幼少期から魚が好きで、20歳の頃、東京タワー水族館(2018年閉館)に勤務した経験もある森岡氏。同氏はこの写真集のために、約150匹の魚たちを自宅の水槽で飼育。

いい顔の魚を探し、家に連れ帰り、元気になるのを待って、最高のコンディションで撮影。1カットに費やせる時間は5分。それ以上だと魚もストレスで不機嫌になり、いい顔をしてくれないという。

自宅には 60cm水槽が3本、45cm水槽が3本あり、毎日世話をしながらその奇跡の瞬間を切り取る執念で「うおづら」写真集を完成させたのだそう。

同氏によると、カラフルで可愛い魚をアップで撮ると、意外にも怒った顔に見えた。また、どこかで見たような、誰かの顔のように見えたり、話しかけてくるようにも見える。その愛くるしさから「魚を真正面からアップで撮ることにはまった」という。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top