動物のリアルを伝えるWebメディア

100問100答で学ぶ「とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本」刊行…西東社

西東社、『とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本』を刊行
  • 西東社、『とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本』を刊行
  • 西東社、『とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本』を刊行
  • 西東社、『とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本』を刊行
  • 西東社、『とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本』を刊行

西東社は、9月4日、累計発行部数15万部となるペット書シリーズ第3弾、『とりほん 飼い鳥のほんねがわかる本』を刊行した。

同社ではこれまでに、漫画と専門家の解説で楽しめるペット書シリーズ「ねこほん」と「いぬほん」を刊行。シリーズ3作目となる同書では、飼い鳥の気持ちを100問100答で学ぶことができる。

セキセイインコとオカメインコを飼う鳥好き夫婦を主人公に、文鳥、キンカチョウ、コザクラインコ、ヨウムなどのキャラクターが登場し、「なんで早起きなの?」 「鳥も浮気するの? 」といった疑問に答えていく。

近年、フルカラーの視覚や言語能力など、人との共通点に注目が集まり、急速に研究が進んでいるという鳥。そんな最新の研究結果を、「飼鳥情報センター」を運営する磯崎哲也氏監修のもと、鳥好きのイラストレーターもねこ氏によって描かれた1冊となっている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top