動物のリアルを伝えるWebメディア

こんな音や味が好き! 犬の聴覚・味覚の不思議

犬(イメージ)
  • 犬(イメージ)
  • 犬(イメージ)
  • 犬(イメージ)
  • 犬(イメージ)
  • 犬(イメージ)

遅くなってしまった帰り道、静かに家に入ったのに愛犬に派手に歓迎されてしまった経験はありませんか? ワンちゃんによって耳の大きさや形は違うのにどの子もとっても音に敏感ですよね! また食に好みがあるワンちゃん達、一体どんな味なら気に入ってくれるのか気になりませんか? 今回は愛犬の聴覚、味覚についてご紹介します。

とっても耳がいいワケは?

実はワンちゃん達は3~5万ヘルツの音域を聞き取っていると言われています。人間が聞き取れるのが大体2万ヘルツですから、人間よりはるかに耳がいいということになります。これだけ耳がいいのは、耳にある17本の筋肉のおかげです。この筋肉のおかげで、音がした方向を32方向から判断し正確な位置を把握することができます。なぜこんなにも聴覚に恵まれているかといえば、元来狩りを行う動物のため狩猟能力の名残と言えます。そのためどんなに静かに帰ってきても歩き方などで、飼い主さんの音が近づいてくる! と察知できるというわけです。

こんな音が好きです

ではワンちゃん達が好む音はあるのでしょうか? 基本的に飼い主さんの声は大好きですがそれ以外ですと高い音や声を好み、低い音や声、大きな音は苦手です。その特性を活かし褒める、テンションを上げるといったタイミングでは高い声で。叱る、注意するといった場面では思い切り低い声を使い分けるとしつけもスムーズに進みます。なおワンちゃん達の好む音域を使ったドッグミュージックなどにはリラックス効果があり、中には眠ってしまう子もいるほど。シーンに合わせてうまく使ってみましょう。

味覚はあんまり…

愛犬には美味しいものを食べてもらいたいですよね。毎食頑張って手作り食を作っている方もいるかもしれません。ウキウキであげても案外食いつかないとがっかりしてしまいませんか? 実はワンちゃん達の味覚は人間の5分の1程度と言われています。味蕾細胞の少なさがその要因です。感じ取れるのは旨味、酸味、塩味、苦味、甘味とされており、旨味への反応は近年の研究結果で発覚しました。ワンちゃん達にとって一番重要なのは味ではなく香りです。狩猟時代には、獲得した獲物が腐敗していないかどうかも嗅覚で判断していたワンちゃん達。もし食事への食いつきが悪いときには温める、ふやかす、肉の煮汁をかけるなど香りを立たせるようなアレンジが有効です。

こんな味は結構好き!

それでもワンちゃんが感じる味の中で最も好むもの、それは甘味です。人工甘味料ではなく、自然な甘みをワンちゃん達は好むことが多いようです。おやつやご褒美にかぼちゃやサツマイモなどをあげると喜んでくれるかもしれませんね。乳製品や果物などもおすすめですよ!

耳が良いワンちゃん達は大きな声や物音は苦手です。いきなり大声で呼んだりしないよう気を付けましょう。また雷や電車の音が苦手な子も…。愛犬をよく観察し怖がっていたら寄り添ってあげてくださいね。

《吉田つぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top