動物のリアルを伝えるWebメディア

「クマ森」シリーズ最新作『クマとこぐまのコンサート』、ポプラ社より刊行…俵万智が翻訳

『クマとこぐまのコンサート』、ポプラ社より刊行
  • 『クマとこぐまのコンサート』、ポプラ社より刊行
  • 『クマと森のピアノ』
  • 『イヌと友だちのバイオリン』

ポプラ社は、「第11回 MOE絵本屋さん大賞」入賞の『クマと森のピアノ』シリーズ最新作、『クマとこぐまのコンサート』を刊行する。歌人・俵万智氏が紡ぎだす "美しい日本語" で読む、イギリス発ハートフル絵本だという。

小さい頃からピアノが大好きなクマのブラウンは、森から街へ行き、ピアニストとして大スターになった。しかし時は流れ、ブラウンは引退しふるさとの森に帰ることにした。父親になったブラウンは森のピアノを見つけたこぐまに昔の話をする。父の悲しい顔を見て、こぐまはあることを思いつく…。

シリーズ第1作『クマと森のピアノ』は、イギリスの作家、デイビッド・リッチフィールド氏のデビュー作。ウォーターストーンズ児童書賞・絵本部門ほか多数の賞を受賞し、2017年にその翻訳版が日本で発表された。

その続編である『イヌと友だちのバイオリン』、そして今回新たに刊行となる『クマとこぐまのコンサート』の全シリーズは、子供のみならず大人が読んでも楽しめる感動的な作品に仕上がっているという。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top