動物のリアルを伝えるWebメディア

「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行

「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行
  • 「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行
  • 「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行
  • 「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行
  • 「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行
  • 「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行
  • 「最強王図鑑」シリーズ最新刊『水中最強王図鑑』、学研プラスより刊行

学研プラスは、2月26日に『水中最強王図鑑』を刊行する。

「最強王図鑑」シリーズは、同じ種属の猛者たちをトーナメント方式で戦わせ、最強を決めてしまおうという元祖シミュレーション図鑑。これまでは「動物」「恐竜」「昆虫」など、主に陸上に生息する種属の最強王を決定してきたが、シリーズ最新刊では、「水中」が戦いの舞台となる。

地球は「水の惑星」と呼ばれるように、表面積の約70%が水に覆われている。しかし、水が占める領域はあまりにも広大すぎて、我々人類は未だその全貌を把握できていない。穏やかな湖、激流にのたうつ川、太陽の光さえ届かない漆黒の深海。そこでうごめいているのは、一癖も二癖もありそうな不気味で不思議な生物たち。その頂点に立った者こそが、「水の惑星・地球」の真の王者の名にふさわしいのではないだろうか。

同書では、淡水と海水、浅瀬と深海など、様々な環境の水中、およびその周辺に生息する生物たちがトーナメントに参戦し、プライドをかけた死闘の数々を展開していく。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top