動物のリアルを伝えるWebメディア

ナショナル ジオグラフィック、「アースデイ」に合わせ地球環境を考える作品を放送・配信

ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信
  • ナショナル ジオグラフィック、アースデイに地球環境を考える作品を6つのプラットフォームで放送・配信

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、サステナビリティが注目される今、4月22日の“地球環境について考える日”として提案された記念日「アースデイ」に、国内6つのプラットフォームで、地球環境や絶滅危惧種の保護に関する取り組みを紹介する番組を配信・放送する。

ナショナル ジオグラフィックが「アースデイ」を皮切りにスタートする世界規模の長期キャンペーン「PLANET POSSIBLE(プラネット ポッシブル)」の一環で、地球や暮らしへの更なる関心と行動を促すことを呼びかけていく。

今回ナショジオ作品が展開されるのは、スカパー!やCS放送などで楽しめる「ナショナル ジオグラフィック」、ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」、「ディズニー・チャンネル」、「ディズニージュニア」「FOX チャンネル」、そして「Hulu」の6つのプラットフォーム。

まず、ナショナル ジオグラフィックでは、「アースデイ with ナショナル ジオグラフィック」をアースデイ当日の4月22日朝9時より24時間放送する。地球温暖化によってすさまじい速さで溶け続ける北極圏の海氷。そこに住むイヌイットの暮らしに迫るドキュメンタリー映画「ラスト・アイス」(日本初放送)をはじめ、ナショナル ジオグラフィック誌の写真家ジョエル・サートレイ氏が現在まで1万1000種以上の絶滅の危惧にある多種多様な動物を次々に撮影していく姿を追った「PHOTO ARK:動物の箱舟2」(日本初放送)など、大自然が織りなす数々の奇跡を迫力ある映像で楽しむことができる。

また「アースデイ」に先駆け、4月17日と4月18日の48時間にわたり、世界の絶景や手つかずの大自然を旅行気分で楽しめる番組を一挙放送する「特集:アースデイ直前 地球旅行 SP」を特別編成で展開。日本はもちろん、南アフリカ、イギリス、エジプト、アルゼンチンなど、まるで“世界一周”をしているような感覚で楽しめ、美しい地球の姿を体感することができるという。

ディズニー公式動画配信サービス、ディズニープラスでは4月9日より「地球を知ろう!守ろう!アースデイ特集」と題し、ナショナル ジオグラフィック制作のドキュメンタリーを中心に地球環境を考えるきっかけとなるコンテンツを特集。

中でも注目作品は4月22日より配信開始となる「クジラと海洋生物たちの社会」。「タイタニック」のジェームズ・キャメロン氏製作総指揮による、3年の月日を費やした奇跡の海洋ドキュメンタリー・シリーズで、クジラの並外れたコミュニケーションスキルと、人間の世界とよく似ているクジラたちの社会構造の謎に迫る。

それぞれの番組では、鮮明に描き出された映像を通して、地球の様子を様々な角度から見つめていくとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top