動物のリアルを伝えるWebメディア

【動物に会える映画 vol.9】すべての壁を超える“縁”の物語 3選

エンタメ/カルチャー 連載
Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中
  • Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中
  • Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中
  • Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中
  • Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中
  • 『トムとジェリー』
  • (c)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • (c)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.
  • (c)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.
本格的な春が到来し、どこか心が浮き立つ季節となりました。コロナ禍にあっても、春は変わらず出会いのシーズン。唯一無二ともいえる“縁”で結ばれる人もいることでしょう。今回は、種、言葉、時間といったあらゆる壁を越えて結ばれた人と動物、動物と動物たちの素敵な物語をご紹介します。

◆『ペンギンが教えてくれたこと』

Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中
Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中


本作品は、Netflixで今年初旬から配信されている、実話を基にした感動のドラマです。海が大好きなブルーム一家は、オーストラリアの海岸近くでマリンスポーツを楽しみながら暮らしています。ところが、旅行のさなかに起きた不慮の事故で、母親のサムは半身不随に。明るさを失い暗く沈む母と、戸惑う家族の前に現れたのは、傷ついた小さなカササギ。白と黒の羽根を持つことから「ペンギン」と名付けられた鳥は、そのイノセントで健気な姿でサムの心を少しずつ変えていくのです。

実話をベースにした奇跡の物語も素晴らしいのですが、何よりも本作の見所となっているのはカササギの愛らしさ。家族が出かけてしまった朝、寂しいと人を呼ぶように鳴き、外に出たくないとベッドに伏したままのサムを起こしたり、いたずらをして家を散らかして困らせたり。事故後は、子どもたちですら頼ってくれなくなったことがショックだったサムにとって、手がかかるペンギンは、面倒ながらも母性本能をくすぐられる存在だったのでしょう。ペンギンに心を開いてからのサムは、以前のような明るさと、何よりも人生を取り戻していくのです。

これまで、多くの人と動物のドラマを観てきましたが、ここまで素晴らしい名演を披露する鳥を見るのは初めて。ペンギンの可愛さに心を奪われてしまいました。演じたのは、10羽のカササギ。人の肩やお腹に乗ったり、指を甘噛みしてみたり、お気に入りのぬいぐるみと遊んだり。これまで鳥と縁が無かった人でも、この姿にはキュンキュンすること必至です。

ペンギンは野鳥ですから、いつかは自然に戻さなくてはなりません。でも、例え離れていても心は繋がっていると感じられる、その絆の強さに心が震えます。

動物とは不思議な存在です。辛いときに、静かに寄り添ってくれる彼らは、言葉が通じる人間以上に、こちらの気持ちをわかってくれているかのよう。むしろ、言葉が通じないからこそ、意地や装飾、ごまかしのない素直な感情を呼応させ合うことができるのでしょうか。それは犬や猫といった哺乳類のみならず、鳥だって同じ。人間同士では難しいことも、動物相手なら簡単にできてしまう。本当にありがたいパートナーです。

◆『トムとジェリー』

『トムとジェリー』
(c)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.


続いては、今年3月19日に劇場公開されたばかりの新作映画『トムとジェリー』です。子どもから大人まで、世代を超えて愛されているアニメーション。これまで160本以上の劇場用短編アニメが製作され、アカデミー賞受賞は実に7回。テレビアニメでシリーズ化され、200を超えるエピソードで私たちを大いに楽しませてくれました。

そんなトムとジェリーが誕生して何と80年。記念すべきこの年に、あのふたりがついに実写の世界にやってくるのです。主演はもちろん、お調子者で詰めの甘さが憎めないネコのトムと、可愛いけれどかなりずる賢いネズミのジェリー。魅力は、スリルとスピード満点の、先が見えないコミカルな攻防戦。驚くべきコメディセンスと、あっと驚く身体能力で、終わることのないケンカを繰り広げ続ける最強の“仲良し”コンビですが、今回は世界が注目するウェディングを台無しに。そこで、今度ばかりは手を取り合って汚名を返上しようとするのですが、どうなることやら。

子どもの頃から、トムとジェリーにはいつもドキドキさせられてきました。私はどちらかと言うと、トム派。ジェリーを捕まえようと必死のトムは、捕食者であり、アニメ界ではどちらかというと悪者なのかもしれませんが、子供心にいつも彼が気の毒だと感じてきました。それはジェリーの仕返しやいたずらが酷すぎるせい(笑)。命を狙われているのだから仕方が無いのですけれど。そういう意味では、トムがドジで、ジェリーがずる賢く強いというふたりのキャラクターで、このシリーズは見事にバランスを保っているのかもしれません。トムが捕食に成功すれば、物語は終わってしまうのですから。

◆『僕のワンダフル・ライフ』

『僕のワンダフル・ライフ』
(C) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.


最後は、犬好きならきっと涙する映画『僕のワンダフル・ライフ』です。犬好きならきっと涙すると称しましたが、犬好きならすでに涙していると言った方が正しいかもしれません。たいていの愛犬家はすでに観ている作品でしょう。

暑さが厳しい夏のある日、自動車の中に閉じ込められ命の危機にされられていた子犬は、通りかかった8歳の少年イーサンに救い出されます。ベイリーと名付けられた子犬は、その日から何があってもイーサンから決して離れないと心に誓うのです。とはいえ、犬の一生は人間のそれよりも短く…。あの幸せな日々をくれた大好きなイーサンに会うために、何度も生まれ変わるベイリーの、時空を超えた輪廻転生の旅が描かれていきます。

正直なところ、この文章を書いているだけでも涙が…。愛するペットを亡くした経験がある人は、ぜひ生まれ変わりに出会いたいと思っているのではないでしょうか。これは、すべての愛犬家が夢見る物語なのです。監督は、『HACHI約束の犬』のラッセ・ハルストレム。『ギルバート・グレイプ』『サイダーハウス・ルール』と名作を世に送り出した名匠による、渾身の傑作なのです。監督もきっと愛犬家ですね。

こんな素晴らしい絆を結べる、素敵な動物との出会いが今年もあなたを待っていますように。

■『ペンギンが教えてくれたこと』
Netflix映画『ペンギンが教えてくれたこと』独占配信中

■『トムとジェリー』
全国公開中
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

■『僕のワンダフル・ライフ』
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Blu-ray:1,886円+税
発売中
(C) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

■「動物に会える映画」コラム一覧はこちら
《牧口じゅん》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top