動物のリアルを伝えるWebメディア

岡山・備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズが登場

岡山・備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズが登場
  • 岡山・備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズが登場
  • 岡山・備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズが登場
  • 岡山・備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズが登場
  • 岡山・備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズが登場

地域情報誌『タウン情報おかやま』『オセラ』の発行 、および「岡山のものづくり」をテーマにしたセレクトショップ「ハレマチ特区365」を運営するビザビは、岡山県高梁市 備中松山城の“猫城主”「さんじゅーろー」のオリジナルグッズを4月28日に発売した。

同社はこれまで、「ハレマチ特区365」を通じて、地域で丁寧に作られたこだわりの逸品を届けてきたが、より多くの人に「地域の魅力」を届けることを目指して、オリジナルグッズを企画・販売することにしたという。

そこで今回、備中松山城の“猫城主”である「さんじゅーろー」をテーマにしたオリジナルグッズ第1弾(4商品)の販売を、同店舗およびECサイトにて開始した。「備中松山城 猫城主さんじゅーろー」とは、「平成30年7月豪雨災害(西日本豪雨災害)」の際、備中松山城の三の丸で発見され、城に住み着くようになった猫。その後、正式に猫城主に就任し、多くの観光客に愛される地元のマスコットになっている。

オリジナルグッズは、備中松山藩と縁の深い玉島エリアの玉島だるま虎製作所や、地元のカフェインレスコーヒー専門店「KUROCAFE」とのコラボレーションした商品もあり、地元で作られる「こだわりの逸品」を届けるとしている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top