動物のリアルを伝えるWebメディア

「おくだけ吸着GOODOGケージマット」「おくだけ吸着保温マット」など、秋冬シーズン向け新商品発売…サンコー

ニュース
「おくだけ吸着GOODOGケージマット」
  • 「おくだけ吸着GOODOGケージマット」
  • 「おくだけ吸着GOODOGケージマット」
  • 「おくだけ吸着保温マット」
  • 「おくだけ吸着保温マット」
  • 「おくだけ吸着GOODOGケージマット」「おくだけ吸着保温マット」など、秋冬シーズン向け新商品発売
  • 「ペット用撥水タイルマット 同色20枚入 新色」(メランジブルー)
  • 「撥水タイルマット 8枚入 新色」(メランジブルー)
  • 「ペット用撥水タイルマット 同色20枚入 新色」(メランジブルー)
サンコーは、「おくだけ吸着GOODOGケージマット」「おくだけ吸着保温マット」「撥水タイルマット 8枚入 新色」と「ペット用撥水タイルマット 同色20枚入 新色」を9月1日に新発売した。

ペットフード協会の調査によると、犬の飼育場所について「室内のみ、散歩外出以外は室内」が2015年では78.3%だったが、2019年では86.8%と年々増加しており、現在は室内で犬を飼うケースが多くなっている。

室内で飼うことで、体調の変化に気付きやすい・温度調節ができる・一緒に居られる時間が増えるなどのメリットがある。しかし、最近の住宅に多く採用されているフローリングは硬くて滑りやすく、犬の足腰の負担になり、場合によっては膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアなどになる可能性もある。

マットを敷くことで滑りにくくなり、室内での怪我や事故を未然に防ぐことができる。そこで同社では犬のヘルスケアとして、まずは「怪我や足腰疾病の予防」を目指し、「GOODOG」ブランドを確立した。

今回発売された「おくだけ吸着GOODOGケージマット」は、ケージ内を滑りにくくするもの。ケージの底部分はプラスチック製のトレイがあり、汚れてもお手入れが簡単だが、餌を食べたり、おもちゃで遊んだりと活発に動く犬にとって、硬いプラスチックは滑りやすい。そこで、厚さ約4mmの薄いマットで、表面はループ状の毛足で滑りにくい同商品を開発。裏面には、同社独自の「おくだけ吸着」という吸着加工が施されているため、ピタッと吸着してズレない。また、表面には撥水加工が施されているため、水分をサッと拭き取れる。汚れたら洗濯もできるため、いつも清潔なマットで愛犬も快適に過ごすことができる。

また、フローリング用の「おくだけ吸着保温マット」も発売。夏場は冷たくて気持ちのいいフローリングも、冬になれば寒さを感じる床になる。そのため、室内でペットを飼っていても、寒がっていないか注意が必要だ。室内で人と比べて冷たい空気が溜まりやすい床に近い位置で生活するペットにとって、寒さを軽減する環境づくりは大切である。

そこで、硬くて冷たい冬のフローリング用に、熱を逃がさず保温効果のある「おくだけ吸着保温マット」を発売。同商品は、同社のおくだけ吸着製品の下に敷くマットで、表面がアルミ蒸着加工のため、ペットが上に座った際にその熱を逃がさない。裏面は「おくだけ吸着」で取り付け、取り外しが簡単。サイズは60×90cmで、同社のおくだけ吸着タイルマットシリーズ、30×30cmサイズのマットを6枚使用可能。また、ハサミで手軽にカットできるため、柱の角やスペースに合わせて使用できる。

おくだけ吸着タイルマットシリーズは「撥水タイルマット」8枚入が11色、「ペット用撥水タイルマット」20枚入が10色あり(2021年8月現在)、好みの色でアレンジ可能。今回新色の「メランジブルー」が追加された。裏面は「おくだけ吸着」で繰り返し付け外しができる。こちらも表面に撥水加工が施されているため、水分をサッと拭き取ることが可能。また、汚れた部分だけ取り外して洗濯することもできる。
《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top