動物のリアルを伝えるWebメディア

「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催…動物彫刻の代表作家、日本初となる回顧展

エンタメ/カルチャー カルチャー
「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
  • 「フランソワ・ポンポン展」、名古屋市美術館にて開催
中京テレビ放送は、名古屋市美術館とともに主催する「フランソワ・ポンポン展」を名古屋市美術館にて9月18日より開催する。フランスの彫刻家フランソワ・ポンポン(Francois Pompon,1855-1933)の日本初回顧展となる。

オルセー美術館にある実物大の巨大彫刻「シロクマ」を作り、その他多くの動物をモデルに彫刻を生み出したフランソワ・ポンポンは、20世紀初頭のアール・デコ期に人気を博した動物彫刻家である。

彼の作品の特徴は、鳩や猫、犬など身近な動物から豚や牛など農場でみる家畜、キリンやヒグマ、シロクマなど動物園でみることが多い異国の動物まで、その生態を詳しく観察し、極限まで細部をそぎ落としシンプルでなめらかな造形にした点。

大部分の作品が18cmから28cmと比較的小型で愛らしさを兼ね備えている。ユーモラスなオランウータンの表情、茶目っ気のあるペリカン、太陽の下であくびをするカバなど、幸福さをたたえたポンポンの彫刻は生きる喜びを体現しており、見る人に幸せな気持ちと微笑みをもたらすという。

展示作品はおよそ90点。ポンポンの本国フランス、パリのオルセー美術館、ポンポンが建築と彫刻の基礎を学んだ美術学校、ポンポン最大の支援者であったディジョン市のディジョン美術館、出生地ソーリューにあるフランソワ・ポンポン美術館から来日する作品と、国内随一のポンポンコレクションをもつ群馬県立館林美術館の作品によって構成されている。

ポンポンの初期作品から、1922年にサロンで大絶賛を受けた代表作「シロクマ」を生み出し、名声を確立していくまでの作家の生涯と作品の魅力に迫る。

なお、音声ガイドでは女優の常盤貴子氏が、展示中の24点の作品について、穏やかな語り口でわかりやすく解説。作品が制作された背景や、見落としがちな細部の見どころを知ることで、より一層作品の理解を深められる。音声ガイドの貸出料金は1台600円。

■開催概要
・会期:9月18日~11月14日
・時間:9時半~17時、金曜日は20時まで(入場は閉館30分前まで)
・休館日:月曜日(9月20日は開館)、9月21日(火)
・会場:名古屋市美術館
・観覧料:一般1600円(前売券1400円)、高校・大学生1000円(前売券800円)、中学生以下無料
《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top