動物のリアルを伝えるWebメディア

動物愛護

本当の殺処分ゼロに向けた「犬猫サポートプロジェクト」…名古屋市健康福祉局【インターペット愛知】 画像
イベント

本当の殺処分ゼロに向けた「犬猫サポートプロジェクト」…名古屋市健康福祉局【インターペット愛知】

インターペット愛知には自治体である名古屋市も出展。今年の4月に「人とペットの共生推進プラン」を発表し、犬猫の殺処分ゼロに取り組む健康福祉局がブースを構えていた。

「動物フェスティバル2020なごや」、オンラインで開催…11月15日~21日 画像
イベント

「動物フェスティバル2020なごや」、オンラインで開催…11月15日~21日

名古屋市獣医師会は、11月15日から21日まで、「動物フェスティバル2020なごや」を名古屋市と共同でオンラインで開催する。

動物実験の代替法開発および、動物実験廃止に向けた活動を推進する「Lush Prize 2020」の受賞者が決定 画像
動物

動物実験の代替法開発および、動物実験廃止に向けた活動を推進する「Lush Prize 2020」の受賞者が決定

動物を使用しない毒性学の研究開発分野で世界最大規模、また動物実験代替法を推進し、「Replacement(代替)」にフォーカスする唯一の賞であるLush Prize(ラッシュプライズ)の2020年度の受賞が、イギリス現地時間11月11日に発表された。

【アメリカの動物愛護事情 vol.2】デンバー市がピットブルの飼育を禁止する法律を破棄 画像

【アメリカの動物愛護事情 vol.2】デンバー市がピットブルの飼育を禁止する法律を破棄

米コロラド州のデンバーで住民投票が行われ、ピットブルの飼育を禁止する条例の廃止が決まった。30年以上にわたり違法とされてきたピットブル・タイプの犬の飼育が、2021年1月より可能となる。

【“命の商品化”を考える vol.16】無秩序な繁殖による遺伝的疾患撲滅にも小さな光明か? 画像
動物

【“命の商品化”を考える vol.16】無秩序な繁殖による遺伝的疾患撲滅にも小さな光明か?

環境省が「中央環境審議会動物愛護部会」に提案した「数値規制」には、犬猫以外の愛護動物への配慮が新たに追加されたことを前回紹介した。今回は、もう1つの注目すべき点である、遺伝的疾患について解説する。

【“命の商品化”を考える vol.15】犬猫以外の動物への配慮が追加に…新・動物愛護法 画像
動物

【“命の商品化”を考える vol.15】犬猫以外の動物への配慮が追加に…新・動物愛護法

「中央環境審議会動物愛護部会」で環境省が委員に提示した基準案の内容には、さらに前進が見られたポイントがある。犬猫以外の動物と遺伝的疾患に対する配慮の必要性だ。

【“命の商品化”を考える vol.14】「改善の意思のない業者の排除」に向けた環境省の意志と今後の課題 画像

【“命の商品化”を考える vol.14】「改善の意思のない業者の排除」に向けた環境省の意志と今後の課題

前回紹介したように、10月7日に環境省が「中央環境審議会動物愛護部会」を開催した。そこでは、いわゆる「数値規制」案の答申が行われた。それに対し、全国ペット協会から多くの反対意見が述べられた。

「第14回マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募」応募受付開始…11月1日から 画像
動物

「第14回マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募」応募受付開始…11月1日から

化粧品や香水、医薬部外品の製造および販売を行うマンダムは、動物実験代替法の開発に取り組んでおり、その研究の一環として、昨年に引き続き「第14回マンダム動物実験代替法国際研究助成金公募」を行うと発表した。

カルティエ、地球規模の自然危機に取り組む「ライオンズシェア基金」に加盟 画像
動物

カルティエ、地球規模の自然危機に取り組む「ライオンズシェア基金」に加盟

ラグジュアリーメゾンのカルティエは、ブランドや自然保護活動家、消費者が一体となって、世界の自然や生物多様性、気候などの危機に取り組む「ライオンズシェア基金」(The Lion’s Share Fund)に加盟したと発表した。

朝日新聞社、「Lover Zooプロジェクト」企画を実施…11月4日まで 画像
動物

朝日新聞社、「Lover Zooプロジェクト」企画を実施…11月4日まで

朝日新聞社は、10月4日の「世界動物の日」より、「Lover Zooプロジェクト」企画を開始した。

イギリスの動物愛護事情 vol.5…犬の福祉向上に向けた署名活動、断耳された犬の輸入禁止 画像

イギリスの動物愛護事情 vol.5…犬の福祉向上に向けた署名活動、断耳された犬の輸入禁止

REANIMALでは日本の動物愛護法改正に伴う動きについてお伝えするととともに、海外の動物愛護事情についてもイギリス、ヨーロッパやアメリカなどの例を紹介している。今回はその海外から、イギリスで始まった犬の断耳に関する署名活動についてまとめた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4
page top