動物のリアルを伝えるWebメディア

TBS系列「BACKSTAGE」が動物園の経費を特集、飼育係のこだわりとは…4月5日夜放送

「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開
  • 「BACKSTAGE」 動物園の経費を公開

TBS系全国28局ネットにて放送されている「BACKSTAGE(バックステージ)」は、4月5日の夜11時30分より「動物園の『経費』を大公開!知られざる飼育係たちの『こだわり』とは?」をテーマに動物園の裏側を放送する(CBCテレビ製作)。

同番組は、「働く人」が主人公の“お仕事エンターテインメント”番組で、毎回様々な企画によって、その人の仕事への「こだわり」や「想い」を浮き彫りにしていく。

4月5日放送回のテーマは、どんな仕事でも必ず必要となる「経費」。今回は、東武動物公園の領収書や請求書を見せてもらい、こだわりを探っていくとのことだ。

まず、経理担当者が見せたのは、「メキシコ産馬肉フォア冷凍600キログラム/36万8280円」の請求書。この馬肉を食べているのは、全世界でおよそ250頭、国内で30頭ほどしかいない希少種のホワイトタイガー。そして、ライオン、ヒョウなどの肉食動物たちとのこと。

さらに、シロテテナガザル、マンドリルなどの餌は、週2回新鮮なリンゴを仕入れ、年間218万円の経費がかかっている。

他にも東武動物公園には、全120種類1200頭の動物が飼育されており、餌台は年間4000万円にもなるという。中でも最も高額な餌は「USチモシー」というイネ科の植物で、キリンや像などの草食動物が食べる干し草だそう。

餌代以外にも、年間ダンプ12台分の「真砂土」を購入する理由、あらゆるものをすぐに修理する飼育係の卓越したテクニックなど、知られざる裏側を大公開する。

同番組では、動物園の経費から見えてきたのは、動物たちのことを最優先に考える飼育係の“こだわりと愛”だったとしている。

■番組概要
番組名:BACKSTAGE
放送日:2020年4月5日(日)
放送時間:夜11時30分
テーマ:動物園の「経費」を大公開!知られざる飼育係たちの「こだわり」とは?

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top