動物のリアルを伝えるWebメディア

ゆるゆる4コマ図鑑シリーズ最新作「ゆるゆるサメ図鑑」刊行…アクアワールド茨城県大洗水族館が監修

学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」
  • 学研プラス「ゆるゆるサメ図鑑」

学研プラスは、5月10日に「ゆるゆるサメ図鑑」を刊行した。

サメは危険というイメージを持つ人も多いと思うが、実は危険なサメは一部だけで、ほとんどのサメは、他の魚にはない生態で厳しい自然を生き延びているのだそう。

同書では、ホホジロザメやイタチザメ、ヨゴレといった危険なサメはもちろん、ネコザメのような積極的に人に危害を加えない大人しいサメ、今は絶滅した古代ザメなど、様々なサメの生態を4コマ漫画やイラストを使ってわかりやすく紹介している。

また、サメ情報満載のコラムもあり、「サメの歯は食べ物の種類によって形が違う」「実際に起きたサメ事件」「おいしいサメ料理」など、楽しみながらサメについて学ぶことができる内容になっている。

なお同書は、サメ飼育種数日本一のアクアワールド茨城県大洗水族館(茨城県東茨城郡)が監修しており、同館の紹介ページも掲載されている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top