動物のリアルを伝えるWebメディア

日本で見られる野鳥638種を掲載した「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」刊行…文一総合出版

文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行
  • 文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行
  • 文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行
  • 文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行
  • 文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行
  • 文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行
  • 文一総合出版、「フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版」を刊行

文一総合出版は、7月3日に『フィールド図鑑 日本の野鳥 第2版』を刊行した。

同書は、外来種22種を含む、日本で見られる野鳥658種が掲載された、イラストによる識別図鑑。雌雄や齢、季節による羽衣の違い、飛翔や特徴的な生態が精細なイラストで紹介されている。また、類似種との識別や行動・習性などの解説も充実している。

初版から200点以上のイラストが差し替えや追加がされているほか、軽量紙の使用により初版から160g軽くなり、よりフィールドで使いやすい図鑑になっているという。

なお、応募者全員にオリジナルトートバッグのプレゼントもあるとのこと。青色の帯に付いている応募券を使って応募が可能で、応募締め切りは12月31日。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top