動物のリアルを伝えるWebメディア

【チワプーひめりんごの耳よりドライブ情報】ワンコに優しい避暑地、長野県・軽井沢

ワンコに優しい軽井沢
  • ワンコに優しい軽井沢
  • 軽井沢へは新幹線で1時間
  • 北陸新幹線
  • 旧駅舎は現在の駅の脇に保存されています
  • お店にはワンコOKの表示が出ています
  • こちらのお洒落な雑貨屋さんもワンコOK
  • 飼い主さんはマスクと手の消毒をおねがいします
  • チャーチストリート軽井沢

久しぶりに「耳よりドライブ情報」を軽井沢からお届けします。なかなかお出かけもままならない今年の夏ですが、新型コロナが落ち着いてワンコと一緒の旅行計画を立てる時の参考にしてください。

東京からはクルマで約3時間

東京からは、関越と上信越の高速道路から山並みの風景を眺めながら約3時間のドライブです。名古屋からだと、中央自動車道を通って4~5時間ほど。電車を使うと、東京からは北陸新幹線で乗り換えなしの約1時間。避暑地として有名な軽井沢には、関東周辺にお住まいの方なら比較的手軽に行くことができます。

軽井沢へは新幹線で1時間

人見知りのチワプー「ひめりんご」は、ほとんどクルマでのお出かけです。でも、夏のハイシーズンに関東方面から行くのでしたら新幹線の利用が楽かもしれません。軽井沢の駅前にはレンタカー屋さんがあるので、現地でクルマを借りるのも良いでしょう。

ひめりんごとトイプードル「平蔵」の一家は自粛勧告が解けて、例のキャンペーンが始まる前だったのもありクルマで行くことにしました。梅雨明け前でお天気が悪かったのが残念でしたが、道も町も空いていてのんびりできました。

駅から「銀座商店街」へ

軽井沢駅からは「軽井沢本通り」が北に向かって伸びています。

左右に並ぶお洒落なカフェやレストラン、ミュージアムなどを見ながら20分ほど歩くと(約1.5キロ)、有名な「軽井沢銀座商店街」に到着します。

軽井沢はワンコに優しい町

やっぱり軽井沢! お洒落な雑貨屋さんがたくさんあります。「ワンコは入れるのかな~」と心配でしたが、色んなお店が歓迎してくれました。

お店にはワンコOKの表示が出ています

ほとんどのお店が、バギーに乗せるか抱っこで入店OK。

こちらのお洒落な雑貨屋さんもワンコOK

飼い主さんたちは、マスクの着用とアルコール消毒をお願いしますね。

軽井沢らしいショッピングモール

おみやげもの屋さんや雑貨屋さんを見ながら奥に進むと、「チャーチストリート軽井沢」があります。

チャーチストリート軽井沢

ここには、チョコレート屋さん、衣料雑貨のお店、この近くで採れた果物から作ったジャム屋さんなど、軽井沢らしいショップが並んでいます。

こちらもお洒落な雑貨屋さん

お洒落な雑貨屋さんなので、「ワンコは大丈夫かな…」と思いましたが、ひめりんごも一緒に入れました。

ワンコもOKでした

このチャーチストリート、飲食店もたくさんあるんですが、テラス席だけじゃなく店内もワンコOKのお店があるのは嬉しいですね。

たくさんのお店の中には、店内OKのレストランも
ちなみにショッピングモールの名前は、裏手にある「軽井沢聖パウロカトリック教会」へ続く道という意味だそうです。

トリックアートミュージアムで愛犬と面白撮影

さて、チャーチストリートからもと来た方向に戻ると、「ペット同伴大歓迎」という看板が!

こちらは「ペット大歓迎」

「Trick Art Museum Karuizawa」はワンコもリードで歩いて入れました。名前の通り、中はトリックアートと呼ばれる不思議な絵がいっぱい。ひめりんごの胴体が消えたり

サメに襲われたり、平蔵はカバに飲み込まれそうになったり、さかさまになっちゃったり…。

「ふたり」はさんざん記念撮影に付き合わされました。飼い主さん、愛犬に迷惑をかけ過ぎない程度に楽しみましょう。

ランチの後は川沿いのお散歩

このあたりで、ひめりんごがおススメするもう一つのスポットは「ハルニレテラス」。軽井沢銀座商店街からはクルマで15分ほどです。レストランやカフェ、北欧インテリアショップや木のおもちゃなどを売るお店などをウッドデッキでつないだ「小さな街」になっています。

「ハルニレ」はこの周辺に群生している「春楡」の木からとったそうです

ひめりんごが気になったのは長野県産の新鮮なお野菜。お家に帰ってから、おいしい手作りごはんを作ってもらいました。

たくさんのとれたて野菜

すぐ脇を小川が流れていて、お散歩コースになっています。クルマはもちろんですが、自転車も通らないので水の音を聞きながら「ハルニレ(春楡)」の木々の間をのんびり歩くのは、ひめりんごのお気に入りです。ビビりのワンコにぴったりのお散歩道でした。

軽井沢にはワンコが泊まれるホテルもたくさん

商店街やショッピングモール、ミュージアムがワンコに優しい軽井沢には、一緒に泊まれるホテルもたくさんあります。

こういったホテル、ありがたいのはワンコグッズを何も持っていなくても基本的には揃っているところですね。トイレシートやウンチ袋はもちろん、ウェットティッシュや専用タオル、除菌フォームといった細かい気遣いがありがたいです。

細かな気遣いがありがたいです

最近はペット同伴可のホテルもチョイスが増えてきました。今回は久しぶりのお出かけで、父ちゃんが奮発したので、ごはんも豪華でした。

平蔵もディナーをおとなしく待ってます

このホテル、すぐ裏に流れている農業用水に沿って遊歩道があります。最近は、軽井沢も日中は暑いんですが、早起きすればホントに爽やかな空気の中でお散歩できます。端から端まで歩くと往復で約2キロ、30分ちょっとだと思います。朝ご飯前の運動におすすめです。

こちらは農業用の「御影用水」。最高のお散歩が楽しめます。

まとめ

昔からの高級な避暑地といったイメージが強い軽井沢ですが、他の観光地と比べるととても犬に優しい町という印象です。観光協会が発行している「軽井沢MAP with DOG」という冊子が無料でもらえます。色んなお店に置いてあるので、是非ゲットしてください。

今回は新型コロナの関係もあって梅雨真っただ中のお出かけでしたが、できれば、次は秋に行ってみたいです。紅葉も、すごく綺麗らしいですよ。

秋も楽しみな軽井沢です

《石川徹》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top