動物のリアルを伝えるWebメディア

誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行…9月11日

誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行
  • 誠文堂新光社、「がんと生きる 犬ごはんの教科書」を刊行

誠文堂新光社は、『がんと生きる 犬ごはんの教科書』を9月11日に刊行する。

同書は、『犬ごはんの教科書』『7歳からの老犬ごはんの教科書』に続く3冊目の「犬ごはんの教科書」。

飼育環境や獣医医療の改善で、長寿の犬が増えているが、その反面、様々ながんにかかる犬も増えている。愛犬ががんになった時、治療は獣医に任せるしかないが、飼い主としては、毎日の食事で愛犬の体調をサポートしたいと思うもの。また、少しでも元気な日々を過ごさせてあげたいと考えるもの。

同書には、そんな時に役立つ食材や調理法、与え方などの情報がたくさん掲載されている。さらに、食欲が落ちた時に役立つおやつやふりかけのレシピ、食事と合わせて毎日やってあげたいマッサージなども紹介されているなど、がんにかかった愛犬をもつ飼い主が気になる情報が満載の一冊となっているという。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top