動物のリアルを伝えるWebメディア

ミニドラマ「ざんねんないきもの事典」、動画配信サービスParaviにて独占先行配信が決定

動画配信サービスParaviにて、ミニドラマ「ざんねんないきもの事典」の独占先行配信が決定
  • 動画配信サービスParaviにて、ミニドラマ「ざんねんないきもの事典」の独占先行配信が決定
  • 動画配信サービスParaviにて、ミニドラマ「ざんねんないきもの事典」の独占先行配信が決定

動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、テレビ東京で10月7日深夜0時52分からスタートするミニドラマ「ざんねんないきもの事典」を、放送当日夜9時から毎話独占先行配信することが決定した。

同作は、2016年5月に第1弾が刊行された「ざんねんないきもの事典」シリーズ全5点の初となる実写化で、ドラマに登場するのは、原作に登場する動植物たちの生態にそっくりな現代人たち。神様役の主演・竹中直人氏が、“ざんねんだけど愛おしい”動植物と現代人たちのそっくりなポイントを、毎話1種ずつ解説していく。

中年サラリーマン・犬養草介役に三宅弘城氏、商社の新入社員・朝井翼役で磯村勇斗氏が出演するほか、女子高生・森山美音役を畑芽育氏、小学生・宇多りく役を新津ちせ氏が演じる。

第1話は、動物園でオランウータンを眺めている中年サラリーマン・犬養草介が、年下の上司・宇多賢人に叱咤された出来事を思い出し、落ち込んでしまう。そこに、神様が現れ、オランウータンの生態に宇多がよく似ていると話し始める。

毎話ちょっと残念な特徴を持つ現代人と動植物が登場する、2分30秒の心温まるミニドラマになっているとのこと。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top