動物のリアルを伝えるWebメディア

ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行

ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行
  • ぴあ、エッセイマンガ最新刊「パンダと犬IV -The Inu Must Go On-」を刊行

ぴあは、スティーヴン・スピルハンバーグのエッセイマンガ最新刊『パンダと犬IV -The Inu Must Go On-』を11月11日に刊行した。

現在Instagramでは、“いたずら大王な亀吉”と“わんぱく・甘えん坊な寅吉”の、2匹の若いビーグル犬との日常が漫画や写真・動画などでアップされているが、「パンダと犬」と犬に火が付いたきっかけは、“老犬ビーグル”梅吉の存在。

よぼよぼな梅吉に対して全力で愛情を注ぐ著者の姿が反響を呼び、以降、「パンダと犬II」「パンダと犬III」「パンダと犬 犬かわいいBOOK」「パンダと犬 ひらがな日めくりカレンダー」などを刊行。全国でポップアップショップを展開し、様々なキャンペーンやコラボも行っている。

しかし、梅吉は昨年2019年5月、享年16歳で空へ旅立ってしまった。「梅吉の介護記録」では、14歳から亡くなるまでの梅吉の様子を、“ほんのりヨボヨボーぬ期”“そこそこヨボヨボーぬ期”“完全なるヨボヨボーぬ期”の3段階にわけて紹介。「ごはん」「サポートグッズ」「床」など、梅吉ファンはもちろん、愛犬家なら誰しも気になる情報を、イラストや写真も交えて事細かに記している。

また、亀吉と寅吉との出会いを描いた「KAMEKICHI TO NO DEAI ~わんぱくーぬ であいーぬ~」「TORAKICHI TO NO DEAI ~あらたなであいーぬ~」も描き下ろし。そして、悪態をつきながらもInstagramで宣伝を担っているクロネコヤマモトの描き下ろし「クロネコヤマモト特別ストーリー~クロネコマン “ あんこは世界を救う ”」も公開している。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top