動物のリアルを伝えるWebメディア

生き物たちの驚くべき生態が描かれた『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行

『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行
  • 『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』、KADOKAWAより刊行

KADOKAWAは、天才的でワルな生き物たちの生態を紹介する、『天才(ワル)すぎる生き物図鑑』を7月7日に刊行した。

同書は、「へんないきもの」シリーズの早川いくを氏と人気漫画家和田ラヂヲ氏、花小金井正幸氏による、大人から子供まで楽しめる生き物漫画+解説本。まじめな魚をだまして子育てをおしつけるナマズや、テントウムシを黒魔術でゾンビ兵士に変えてしまう寄生バチなど、自然界にいる生き物の天才(ワル)たちの驚くべき生態を紹介している。

生き物は様々な生存戦略をとる。それは時に人間界の常識からするとワルいことだが、生き延びるための天才的な能力であり知恵だ。同書では、生き物たちがしぶとく生きる様が描かれる。その生き様は、不思議だったりおかしかったり切なかったりもするが、どれも驚くべき天才ぶりで、感動的だという。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top