動物のリアルを伝えるWebメディア

愛犬は笑顔をプレゼントしてくれる家族の一員…娘さんとも仲良しな優しい“お兄さん”

ポメラニアンの大福くん
  • ポメラニアンの大福くん
  • 大福くんをお迎えした翌日
  • 毛量の多い「もふもふ」がチャームポイント
  • 普段はベビーガード越しに触れ合い
  • 穏やかだった初対面
  • 仲良しの兄と妹
  • 笑顔を運ぶ大ちゃん
  • 笑顔の「4にん」家族

大切な家族の一員として、生活を共にするペットたち。このコーナーでは、一般家庭で暮らす犬や猫、その他の動物たちを紹介していきます。

今回は、東京都に住むポメラニアンの「大福(だいふく)」君2歳です。飼い主のNoRiさんにお話を聞きました。

「大福」くんをお迎えした翌日大福くんをお迎えした翌日

健気な「もふもふ」の大ちゃん

----:大福君のチャームポイントはどこですか?

NoRiさん:大ちゃんは毛量が多いので、「もふもふ」感が可愛いなと思います。お尻にある黒いV字型のワンポイントも、大ちゃんならではの個性で大好きです。性格面では、とても人懐っこいところが魅力ですね。家では玄関のピンポンに反応して吠えますが、外では吠えたことがないんです。吠えるときも、一生懸命にお家を守ろうとしているようで、「健気だな~」と思います。

毛量の多い「もふもふ」がチャームポイント毛量の多い「もふもふ」がチャームポイント

----:大ちゃんは、普段どんなことをして過ごしていますか?

NoRiさん:リビングで一緒に遊ぶのが好きですね。2歳の娘がいるので、彼女のおもちゃを誤食してしまわないよう普段はスペースを分けています。(その仕切りを外して)みんなで遊ぶときは、本当に楽しそうにしています。毎日、できるだけそういった時間をとるようにしています。

普段はベビーガード越しに触れ合い普段はベビーガード越しに触れ合い

1歳年下の「妹」に寄り添うお兄さん

----:大ちゃんには妹さんがいるのですね。初めて赤ちゃんと対面した時はどんな反応でしたか?

NoRiさん:少し心配だったので最初はベビーガード越しでしたが、穏やかな初対面でした。後ろ脚で立ち上がって、「なになに?」という素振りも見せていました。お互い気になる存在のようで、しばらくすると“ふたり”で顔を近づけ合ったり触り合ったりしていました。今では、大ちゃんが娘に寄り添ってくれています。

穏やかだった初対面穏やかだった初対面

----:大ちゃんとお嬢さん、それぞれの成長が見守れるのはお母さんとしては嬉しいですね。

NoRiさん:そうですね。大ちゃんの世話と娘の子育てを同時にやるのはなかなか大変です。でも、“ふたり”が一緒にいるのは、やっぱり可愛いです。大ちゃんはある程度理解しているようで、行動がちょっとお兄さんなんです。妹を見守る優しさみたいなものが伝わってきます。

仲良しの兄と妹仲良しの兄と妹

----:子どもと動物は、理解し合っているように見えることがありますね。

NoRiさん:不思議なんですが、ちゃんと分かっていますね。主人や私が、娘のおもちゃや洗濯物などを床に落としてしまうことがあります。大ちゃんは一旦咥えると、「渡さない!」って怒ることがありますが、そんなときも、娘には素直に渡すんです。妹には優しくしないといけないって、分かっているんだと思います。

大ちゃんからプレゼントされるたくさんの笑顔

----:大ちゃんを迎えてご家庭に変化はありましたか?

NoRiさん:笑顔が増えました。毎日生活していれば、家族でもちょっと雰囲気が悪くなることがたまにはありますよね。でも、大ちゃんがそばにいると、そんな空気になることがないんです。逆に、笑顔がすごく増えたなって思います。

笑顔を運ぶ大ちゃん笑顔を運ぶ大ちゃん

活動の範囲も変わりました。犬連れで行ける場所を選ぶようになり、知らなかった所に出かけることが増えました。夜遅くとか、長時間のお出かけは難しくなくなったので、行動面での制約はちょっとだけ増えました。その代わりに、大ちゃんからは幸せな笑顔と(犬と一緒に行く)新しいスポットを楽しむ機会をプレゼントしてもらいました。

----:そんな幸せをくれる大ちゃんのために、気にしていることはありますか?

NoRiさん:一人ぼっちの寂しい思いをさせないようにしています。娘も大ちゃんも同じ家族の一員ですから。私たち(人間)だけが楽しむ、という状況は作らないようにしています。「この家に来て良かったな」って思ってくれるような家庭になるように考えています。

笑顔の「4にん」家族笑顔の「4にん」家族

みんなでお出かけするためにクルマを購入

----:普段はどんなところにお出かけしますか?

NoRiさん:近所の運河沿いをよくお散歩します。天気がいい日は、途中の広場にシートを敷いて娘と主人と大ちゃん、家族全員でご飯を食べることもあります。他には、ワンちゃんと行けるレストランやスポットを検索して新しい所をめぐっています。みんなで出かけるために、最近クルマを買いました。コロナが落ち着いたら色々なところに行ってみたいですね。

----:クルマで行ってみたい所はありますか?

NoRiさん:ペットと一緒に泊まれるところでゆっくり過ごして、非日常を楽しみたいですね。もう少し涼しくなったら、川遊びにも行きたいと思っています。大ちゃんが、以前、水遊びを楽しんでいたので。

川遊びが気に入った大ちゃん川遊びが気に入った大ちゃん

----:大ちゃんに一言声を掛けるとしたら何と伝えますか?

NoRiさん:とにかく、「大ちゃん、いつもありがとう」ですね。


NoRiさんが初めて迎えたワンちゃんの大福くんは、今月3歳のお誕生日を迎えるそうです。1つ年下の妹に寄り添いながら共に成長していく姿は、これまで以上の幸せを飼い主さんにプレゼントしてくれるでしょう。「大ちゃん、ありがとう」という言葉からは、家庭における愛犬という存在の大きさが伝わってきました。

大切な家族の一員である大ちゃん大切な家族の一員である大ちゃん

最近、ちょっとぽっちゃり気味という大ちゃん。これからは、どんどん大きくなる妹さんが、たくさん遊んでダイエットに協力してくれそうです。

NoRiさん(Instagram:@daifukufromjapan):
写真スタジオ勤務を経て独立。フォトグラファーとして仕事をする傍らダンスユニットのパフォーマーとしても活躍。2019年に長女を出産し、現在は子育てに関する情報発信なども行っている。

愛車:日産・セレナ
2歳のお子さんと大ちゃんを乗せて、ご主人と「4人」一緒に出掛けるために今年購入。ベビーカーなどお子さん用の荷物や大ちゃんのお出かけセットが載せられるよう、大き目のミニバンをチョイス。白いボディーの上部が黒のツートーンカラーが大ちゃんと同じなのも購入のポイントだった。「大ちゃんカラー」は、駐車場のどこに停めても分かりやすいのも気に入っているという。

《石川徹》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top