動物のリアルを伝えるWebメディア

柴犬から学ぶ自分らしく生きるヒント集『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』、主婦の友社より刊行

エンタメ/カルチャー カルチャー
『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』
  • 『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』

主婦の友社は、『読むだけで心がほどける柴犬処方箋』を12月13日に刊行した。

著者の影山直美氏は、歴代4匹の柴犬と20年にわたって暮らしてきたイラストレーター。その経験をもとに柴犬マンガやイラストエッセイをつづってきた。柴犬は、「ガンコ」「ツンデレ」「神経質」「愚直」などといわれる犬種。でも、だからこそ飼い主に一途で、自分らしく生きるすべを知っているという。

同書は、そんな柴犬たちと暮らす中で同氏が学んだ、やわらかに生きるヒント集。やさしい水彩画と添えられたひと言が、心に響く1冊となっている。





《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top