動物のリアルを伝えるWebメディア

パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行…10月19日

パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行
  • パイ インターナショナル、絵本「うごきません。」を刊行

パイ インターナショナルは、10月19日に絵本『うごきません。』を刊行する。

絵本の主役は、「動かない鳥」のハシビロコウ。いつもじっとしていて、友達のカバが来ても、ヘビが来ても動かない。すると、鼻がバナナになったゾウや、うずまき模様のシマウマなど、おかしな動物が次々にやって来る。はたして、ハシビロコウが動くのはどんな時なのか。

絵本や紙芝居、脚本などを執筆する大塚健太氏と、書籍・広告・雑貨など、幅広いジャンルで活動している柴田ケイコ氏のコンビニよる、「おにゃけ」「でんにゃ」に続くユーモア絵本第3弾となる。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top