動物のリアルを伝えるWebメディア

建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り

コラム
建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
  • 建築中マンションは設備が充実! 車やペットに優しい住まい作り
マンション購入に際してはさまざまな選択肢、タイミングがあり、ユーザーを悩ませることだろう。人気のある地域や設備が充実したマンションは建築中に販売が完了する場合が多い。特に角部屋や特別な機能を備えた部屋であれば尚更だ。

そこで、自分がターゲットにする設備を中心に的を絞ったマンション探しを実施して、要望にフィットしたマンションに手に入れるスタイルを実践してみよう。狙いに合致した幅広い情報をあらかじめ手に入れることで、望みのマンションがあぶり出されてくるはず。そんな設備に的を絞ったマンション選びを実施すれば、ライフスタイルに合った快適なマンション生活が待っている。今すぐマンション探しを始めてみよう。

◆ペット共生型マンションには、快適生活をサポートする設備が満載



マンション設備にはさまざまな方向性が打ち出されているが、近年急速に注目が集まっているのがペット共生型と呼ばれるマンションだ。その名の通り、ペットと共に暮らすことを目的としたさまざまな設備が備えられているのが特徴。ペットを家族の一員として捉えるユーザーにとって、これほど住みやすい環境は無いだろう。かつてはペット可のマンションは限られていたが、今では大多数の分譲マンションがペット可というデータもある。



ペット用の設備は数多いので、ペット共生型のマンションを狙うならいくつかの設備をチェックすると良いだろう。その一つが足洗い場所。散歩から帰ってきたペットには必須の設備と言える。また玄関先にリードをつないでおけるフックを設けるなど、ちょっとした設備を備えるだけでペットとの生活は豊かになる。



室内に目を向けると、ペットが住みやすい環境を作るのも共生型マンションの特徴。例えばフロアが滑りやすいとペットには足腰の負担になってしまう。そこで、特殊な樹脂を使ったフローリングやタイルカーペットを用いて滑りを防ぐ工夫を施すマンションもある。賃貸では難しいが、分譲であれば10年以上の保証もある油性の滑り止めワックス施工も可能だ。またペットのツメによるひっかきキズやニオイ、汚れが染みこみにくい床材やコーティングを施す物件もあるのでチェックしてみると良いだろう。ちょっと変わったところでは、防音フローリングにすることで階下とのトラブルも防ぐことができるのも考慮しておこう。

壁紙の中には防臭効果を備えたものもある。さらに壁紙の上下を分けて施工し、ペットによる痛みが激しい下部のみを簡単にリメイクできる仕組みを作っている施工例もある。これらの細かなポイントの積み重ねが、ペットにも飼い主にも快適な住環境につながるのだ。

さらに室内の設備としてペット用のベッドスペースを確保しているマンションや、猫のためのキャットウォークを備えた壁を作り付けている物件まである。



マンションの共用部分にも注目したい。大規模マンションであれば、共用の庭にドッグランを備えている場合もある。遠くの公園まで出かけることも無く、毎日のようにドッグランを利用できる環境はペットとの生活を豊かにしてくれるはずだ。またマンション1階の部屋の場合、専用庭を設けているケースもあり、ペットとのスペースとして利用するには魅力的だろう。



これから販売される新築マンションの資料請求はこちら

◆クルマを大切にするユーザーなら、駐車場やエントランスの設備に注目

クルマのある生活を楽しむユーザーが選ぶマンションにもポイントがある。クルマに関する設備にはマンションそれぞれの考え方があり、設備の充実度はさまざまと言えるだろう。例えば駐車可能な総台数にもバラツキがある。全戸数+αの台数を駐車できるケースもあり、複数台のクルマを楽しみたい、敷地内の駐車場で保管したいというユーザーには願っても無い設備だ。比較的郊外では駐車台数の割合が増える傾向にあるので検討してみると良いだろう。

マンションには機械式駐車場の導入も多い。しかし機械式は平面駐車場や自走式の立体駐車場とは異なり、車体のサイズ制限があるので要チェックだ。3ナンバー車対応、さらにはハイルーフ車にも対応する機械式駐車場を備えたマンションもあるので注目したい。

駐車場でのクルマの保管状態を気にするユーザーも多いだろう。その場合には、天井のありなしが一つのポイント。自走式の立体駐車場であれば、屋上で無い限り屋根があるのでクルマの保管にも有利。雨天のクルマへの乗り降りも便利だろう。一方、機械式駐車場の魅力は、出し入れに特別な操作が必要になるのでいたずら防止やセキュリティ上のメリットがある点。条件に合わせた駐車スペースで愛車を保管することでカーライフもさらに快適になるだろう。



さらにマンションの共有スペースにもクルマに対応したものがある。その一つがエントランスに設置された車寄せだ。お出かけや買い物の際、荷物の載せ降ろしは車寄せがあると快適だ。特に雨の日にはその快適性を痛感するはず。また小さな子供がいる場合やお年寄りのいる家庭も、ドライバー以外は駐車場まで移動すること無くクルマに乗降できるのもメリット。中には駐車場からエントランスまで濡れずに行ける構造の物件も増えている。

また洗車スペースを設けている物件もある。多くのマンションは敷地内で愛車の洗車ができないのが一般的だったが、洗車スペースがあればわざわざコイン洗車場などに出かける必要もなくなり便利だ。クルマを利用するシーンを考えてマンション選びをすると、さらに快適なカーライフが送れるだろう。

◆住みたい地域+αの物件を比較し、設備の充実した快適環境を見つける

このように、目的に合わせた各種設備が完備されるマンションも増えている。そこでこれらのマンションを選ぶときのポイントとして大事なのは、住みたい地域+αの物件を比較すること。狙っている地域から少し離れることで、充実した設備が備えられていてより豊かな生活を送ることができるようになる場合も多く、長い目で見るとお得になるケースもある。まずは数多くの物件の資料を取り寄せて、家族にとって充実したライフスタイルを想像した上でマンション選びを実践しよう。



これから販売される新築マンションの資料請求はこちら
《土田康弘@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top