動物のリアルを伝えるWebメディア

ワクチン

狂犬病ワクチンについて考える vol.5…獣医師団体の提言、回数を最低限にすることの重要性 画像

狂犬病ワクチンについて考える vol.5…獣医師団体の提言、回数を最低限にすることの重要性

前回は、狂犬病ワクチンの接種も抗体検査によって必要か否かを判断すべきとする専門家の意見をご紹介しました。今回は、同様のスタンスをとる獣医師団体の意見をまとめました。

狂犬病ワクチンについて考える vol.4…エビデンスに基づいた判断の重要性を主張する専門家 画像

狂犬病ワクチンについて考える vol.4…エビデンスに基づいた判断の重要性を主張する専門家

狂犬病ワクチンについて考えるシリーズの第4回。今回は、アメリカで狂犬病ワクチンの定期接種にエビデンスを提示しながら警鐘を鳴らす獣医師の主張をご紹介します。

狂犬病ワクチンについて考える vol.3…北米では地域によって法規制がバラバラ 画像

狂犬病ワクチンについて考える vol.3…北米では地域によって法規制がバラバラ

犬への狂犬病ワクチン接種について考える特集の第3回。今回は、北米の2ヵ国(アメリカ合衆国とカナダ)の状況について紹介します。

狂犬病ワクチンについて考える vol.2…効果的な接種のために重要な抗体検査 画像

狂犬病ワクチンについて考える vol.2…効果的な接種のために重要な抗体検査

前回は、死亡率がほぼ100%という狂犬病の恐ろしさと、予防の大切さについてご紹介しました。そうした点は十分に認識した上で、この特集では接種の頻度を下げられないのかについて検証。今回は、免疫とワクチンによる予防の仕組みを解説します。

狂犬病ワクチンについて考える vol.1…予防の大切さとワクチンには必ずあるリスク 画像

狂犬病ワクチンについて考える vol.1…予防の大切さとワクチンには必ずあるリスク

犬用のいわゆる「混合ワクチン」について、これまでリスクの最小化と効果の最大化を図る最新の考え方をご紹介してきました。今回の特集では、狂犬病ワクチンの必要性とリスクについて考えていきます。

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか? vol.4 獣医学的な世界標準の考え方 画像

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか? vol.4 獣医学的な世界標準の考え方

これまでこのシリーズでは、「コア」に分類されるワクチンの免疫が少なくとも3年は持続するため毎年の接種は基本的に不要なことをご紹介しました。最終回の今回は、改めて世界的な専門機関が提唱しているワクチン接種の考え方をご紹介します。

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか?vol.3…起きたら怖い副作用 画像

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか?vol.3…起きたら怖い副作用

前回までに、ワクチンは必要なものを必要な時に接種することが愛犬の身体を守る上で安心・安全なことをご紹介しました。今回は、副作用の怖さについてご紹介します。

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか? vol.2… 事件発生! 画像

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか? vol.2… 事件発生!

前回、これまでご紹介してきた犬用のワクチンについて、ポイントをまとめました。今回は、筆者の愛犬に実際に起こったできごとと、そこで改めて感じた安心で安全なワクチン接種についてご紹介します。

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか? vol.1…これまでのまとめ 画像

愛犬への「混合ワクチン」接種、慎重に考えてみませんか? vol.1…これまでのまとめ

先日、筆者の愛犬に混合ワクチンによる副作用が出てしまいました。嘔吐と下痢、それから一晩中真っ赤な背中を掻きむしる事態に陥りました。そこで、エビデンスを含め、改めて混合ワクチンのメリットとデメリットについて調べたことを4回にわたってご紹介します。

続・犬猫のワクチン接種について vol.4…狂犬病予防法の見直しは不要か? 画像

続・犬猫のワクチン接種について vol.4…狂犬病予防法の見直しは不要か?

ワクチンシリーズの最終回は、法律で義務付けられている狂犬病の予防接種について紹介する。

続・犬猫のワクチン接種について vol.3…子犬・子猫の場合 画像

続・犬猫のワクチン接種について vol.3…子犬・子猫の場合

子犬と子猫が基礎的な免疫を獲得するまでに必要なワクチン接種についてまとめた。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top