動物のリアルを伝えるWebメディア

ヒョウとチーターはどう違う? 動物の見分け方がわかる絵本図鑑の新装版2冊を刊行…学研

動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑
  • 動物の見分け方がわかる絵本図鑑

学研ホールディングスグループの学研プラスは、絵本図鑑『にたものずかん どっちがどっち!? 新装版』と『オスメスずかん どっちがオス?どっちがメス?新装版』の2冊を刊行した。

『にたものずかん どっちがどっち!?』では、似ている動物を比較し、見分けるポイントを解説。例えば、タヌキとアライグマは、しっぽに縞模様があるかないかで見分けることができる。ヒョウとチーターは、背中の模様に違いがあり、アシカとアザラシは、後ろ足が曲がるかどうかで判断できるという。

『オスメスずかん どっちがオス?どっちがメス?』では、一見そっくりな動物たちのオスとメスの見分けるポイントと、違う理由を解説。キリンは角の先が毛に覆われているかどうかで判断でき、コアラは胸の色、カピバラは鼻の色の違いでそれぞれ見分けることができるのだそう。

2冊ともイラストと共に紹介されているため、絵本感覚で動物の知識を身につけることができる図鑑となっている。

《鈴木まゆこ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top