動物のリアルを伝えるWebメディア

クォッカワラビーの軽キャンパー…ジャパンキャンピングカーショー2021

おでかけ クルマ
ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
  • ジャパンキャンピングカーショー2021:ミシマダイハツ
「世界一幸せな動物」といえばクォッカワラビーだ。その動物の名前を冠する軽キャンパーをジャパンキャンピングカーショー2021で発見した。クォッカワラビーの笑顔のようになれるキャンピングカーという意味が込められている。

製作したのはミシマダイハツ。ダイハツのディーラーだが、キャンピングカー事業部があり、キャンプ架装にも力を入れいている。取り扱い車両はダイハツに限らず、キャンピングカーメーカー各社の車両も取り扱っている。

「クォッカ」は2020年秋にミシマダイハツが開発した軽キャンパーだ。ベース車両はダイハツ『ハイゼットトラック・パネルバン』だ。内装や装備は山小屋をコンセプトとして、富士ひのきをふんだんに使った、ログハウス風の丸太内装や収納ボックス、テーブルが特徴だ。

ボックスは、フロアに敷き詰めればフラットフロアになり、マットを敷けばベッドになる。テーブルは高さ調整ができるので、車内、車外にどちらにおいてもよい。ボックスは椅子や収納棚などに使える。配置やレイアウトは自由だ。

走行充電可能な100Aのサブバッテリーを搭載している。展示車両はルーフにソーラーパネルも搭載され、日中の停車時も充電可能になっている。ACインバーターを搭載しているのでAC100Vのエアコン、電子レンジも使える。冷蔵庫はDC式だ。
《中尾真二@レスポンス》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top