動物のリアルを伝えるWebメディア

新型コロナに感染した飼い主から、ペットを預かる際に知っておくべきこと…東京都獣医師会がガイドラインを発表

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

連日、新型コロナウイルス感染者数の増加が報じられており、犬や猫などと暮らす人々が感染するケースも充分に考えられる。

REANIMALでもこれまでお伝えしてきたように、現時点ではこのウイルスがヒトと動物間で感染するとは考えられておらず、ペットへの健康被害は考えにくい。

ただし、飼い主が一人暮らしであったり、同居の家族全員が感染したりした場合には、ペットを友人宅やペットホテルなどに預けることが必要となる。そのため、預け先の確保など事前の準備が大切である。

4月5日、東京都獣医師会は感染者のペットを一時的に預かる場合に注意すべきポイントをまとめた。以下は、同獣医師会のガイドラインである、「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと」の主なポイントを編集部でまとめたもの。

全般的な注意点

・新型コロナウイルス感染症にかかっている人は、ペットとの接触を避ける
・ペットとの接触が避けられない場合は、マスクやグローブ(手袋)を着用する
・家具など感染者の室内環境にはウイルスが付着しており、ペットの被毛なども同様
・ペットの体内にもウイルスが存在している可能性がある
・アメリカ獣医師会は、「飼い主のくしゃみや咳で飛び散った唾液などがペットの被毛に付着しても、唾液などの水分が被毛に吸収され、ウイルスも毛の中に閉じ込められるため、感染しにくくなる」としている。

飼い主側が連れてくる場合:移動時の注意

・濃厚接触者でない者が連れていく
・クレートに入れる
・預かる者はマスク、グローブ、エプロン、メガネなどを装着する
・預かる側で用意したクレートに入れ換える
・クレートの交換ができない場合は、次亜塩素酸ナトリウム*(0.05%)で消毒する(家庭にもある塩素系漂白剤)

飼い主宅に赴いて預かる場合

飼い主宅がウイルスで汚染されていることに注意。

・マスク、グローブ、ガウン、メガネなどの防護衣料を装着する(廃棄の容器も用意)
・できれば2名で訪問し、1名は汚染環境に入らず、出入りする人の防護衣料脱着など、汚染防止に協力する
・預かる側で用意したクレートにペットを入れる

預かった後の処置

人間の手洗いと同様、シャンプーの界面活性剤でウイルスを除去する。

・マスク、グローブ、エプロン、メガネなどを装着し、可能であれば屋外で行う
・屋内の場合は、ビニールシートで覆うなど、終了後に消毒しやすい状態にしておく
・シャンプー剤を使う前にからだを振らせないように注意する
・よくすすぎ、ドライヤーで乾燥させる
・防護に使用した物を外し洗濯する
・猫の場合、シャンプー前に爪切りを行い、エリザベスカラーを装着させる(人間の防御)
・糞便の取り扱い時はマスクやグローブを装着する
・シャンプーが無理な場合、「ヒビテン液」や「ヘキザック液」など、クロルヘキシジン水(0.05%)でからだを拭くのも効果的。その際、猫が舐めないようにエリザベスカラーを装着させる

その後の注意点

体の表面に付着していたウイルスはシャンプーにより死滅もしくは不活化。

・体内にウイルスを保有していることがあり得るため、キスや食事皿の共有などは避ける
・14日間の隔離が望ましい
・隔離場所は次亜塩素酸ナトリウム(0.05%)などで消毒する

《石川徹》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top