動物のリアルを伝えるWebメディア

【犬がなりやすい病気】肥満細胞腫編…定期検診が一番の予防策、パグは特に注意

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

どんな病気?

主に犬の皮膚や皮下にできる悪性腫瘍の1つで、犬の皮膚悪性腫瘍の中で最も多く発生し、多くは単発性である。通常、高齢で発生し好発犬種はパグ、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、柴犬、フレンチブルドッグ、ミニチュアダックスフンド、チワワであるが、特にパグで多い疾患だ。

肉眼初見に特徴がなく、初期は皮膚病や嚢胞などの良性病変と区別がつかないことも多い。皮下に発生するタイプは脂肪腫と間違いやすいので注意が必要である。飼い主は皮膚や皮下にできものを発見し病院に来院することが多いが、大きくなったり小さくなったりする、触ると赤くなって大きくなる、赤い日と白い日があるといった症状がある。

その他の症状として胃潰瘍による嘔吐・吐血、下痢、血便、食欲不振といった消化器症状が見られることも。前述のように、パグの肥満細胞腫は他の犬種の2-3倍発生リスクが高く半数以上が多発性に発生するものの、肥満細胞腫の数は予後に関係せず小型が多く、予後は概ね良好と言われている。

かかってしまったら?

肥満細胞腫は肉眼病変で疑うことが難しいので、体表の腫瘤性病変が見つかったら腫瘍に針を刺して細胞診が行われる。過度の触診や針吸引生検により腫瘍細胞からヘパリンやヒスタミンが放出されることによるダリエ兆候が見られることがあるので予防的に細胞診前は抗ヒスタミン剤が投与されることが多い。

診断は細胞診で可能だが、腫瘍の悪性度のグレード分類は腫瘍自体を摘出してからの病理検査になるのでまずは手術で腫瘍自体を摘出する必要がある。ただ、挙動の予測が難しくリンパ節転移や脾臓、肝臓、骨髄への転移が多いので術前にステージの把握が必要でそれにより治療方針変わってくる。特にリンパ節は腫脹がなくても転移していることがあるので、所属リンパ節の細胞診は必須である。もしリンパ節転移があったとしても、外科手術、放射線治療、化学療法などの積極的な治療を組み合わせることで良好な予後が期待でき根治を目指せるのであまり悲観的にならないでほしい。ただ、遠隔転移を伴うステージ4は手術不適応で予後は悪い。

また、ステージとグレードは別物でグレード1でも転移する挙動の悪いものもあり、逆に特にパグで見られるが、ステージ3が予後不良とも限らない。また、発生部位により予後が異なり、口唇部にできたものはリンパ節への初期転移率が高く挙動が悪かったり、鼠径部、会陰部は外科手術の難易度は高く尿路変更が必要なこともあるがリンパ節の評価と外科手術で完全切除を行えば、予後は悪くないと言われている。

また、予後予測に関してC-kit変異を調べることで遺伝子変異がある場合は再発率が高く、予後が短いので慎重に経過を見ていく必要がある。肥満細胞腫の治療については、グレードやステージが低いものに関しては外科手術のみで治療できるが、グレード3やC-kit変異ありはステージに関係なく術後化学療法、放射線治療がすすめられる。外科手術では完全切除できても半年以内に再発することもあるので術後の経過に注意が必要だ。

放射線治療は、手術後に根治を目的に行われることがある。緩和治療としてはあまり行われない。化学療法はイマチニブという分子標的薬が第一選択とされることが多い。経口薬で1日1回服用し、特にC-kit変異のある症例に対する効果が高く、副作用が少ない。肉眼病変がある場合は2週間で小さくならない場合は効かないと判断し、休薬する必要がある。また、漠然と継続せず効かなくなった場合は治療の途中でもやめる。

予防法は?

原因がはっきり分かっていない疾患なので、予防することは難しいと言われている。ただ腫瘍が小さいうちに発見し手術を行うことで、手術時のマージン確保がしやすくなったり、転移が起こったりする前に摘出できる可能性が上がるので、定期的な動物病院での検診が1番の予防策である。

《M.M》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top